2005年のプレスリリース

2005年03月03日
デジタルアーツ株式会社

富士ゼロックスのネットワークアウトソーシングサービス「beat」を通じて、
デジタルアーツのWebフィルタリング技術を中小企業・SOHO向けに提供

フィルタリングソフトメーカーのデジタルアーツ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:有馬利男、以下富士ゼロックス)の開発・提供する中小企業向けネットワークアウトソーシングサービス「beat(ビート)※」に、Webフィルタリング技術の提供を開始したことをお知らせいたします。なお、この技術を用いた機能を搭載した「beatコンテンツフィルタサービス」は、本日2005年3月3日より、富士ゼロックスから販売開始されます。

企業内インターネット利用における内部情報漏洩の問題や従業員による私的利用のリスクが叫ばれ、その有効な解決方法としてWebフィルタリングの導入が進んでいます。特に、4月の個人情報保護法の全面施行を目前に控え、多くの企業がその対応に迫られています。

デジタルアーツは、2001年より企業向けにサーバーにインストールするタイプのWebフィルタリングソフト「i-フィルター Business Edition」を販売し、数千から数万人規模の環境での実績を培ってきました。しかし、初期投資や人的リソース不足の深刻な中小企業・SOHOにとって、ネットワークやサーバーの構築を伴うこのようなサーバー製品の導入は、ハードルの高いものとなっておりました。

富士ゼロックスの「beat」は、IT構築時の初期投資や導入後の人的コストを大幅に削減できる中小企業・SOHO向けのネットワークアウトソーシングサービスとしてこれまでに数千社の契約実績を上げております。

今回「beat」へWebフィルタリング技術を提供することにより、デジタルアーツは、全国に広がる富士ゼロックスの販売網を通して中小企業・SOHOユーザーへ、3年間で10,000社のWebフィルタリングの導入を目指します。今後も、富士ゼロックスとの関係を強化し、同社のソリューションにおけるセキュリティサービスと協業してまいります。

  • 「beat」(Broadband Extensible and Attractive Technologyの略)は2002年より富士ゼロックスが提供している中堅中小企業向けのネットワークアウトソーシングサービスです。ネットワークに関連する手間やコストを大幅に低減するとともに、効率の良い安全なビジネス環境を手間なく整備できるのが特長で、自社にシステム管理者を置かなくとも、本格的なネットワークが構築できます。詳細はwww.net-beat.comをご覧下さい。

富士ゼロックス製品に関するお問合せ先

お客様相談センター
TEL:0120-27-4100(通話料無料)
受付時間:9:00~12:00、13:00~17:00
(土・日・祝日および弊社指定休業日をのぞく)

以上