2005年のプレスリリース

2005年03月31日
デジタルアーツ株式会社

入間ケーブルテレビでフィルタリングサービス開始

フィルタリングソフトメーカーのデジタルアーツ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:道具 登志夫 証券コード2326)は、入間ケーブルテレビ(埼玉県入間市、代表:荻野 喜美雄)において、2005年4月1日より同インターネットサービスの会員向けに、青少年に有害なインターネットのコンテンツを遮断するサービスが提供開始されることをお知らせします。このサービスには、デジタルアーツのフィルタリングソフト「i-フィルター」が用いられており、利用者への提供価格は月額210円(税込)となります。

入間ケーブルテレビは、昭和61年設立のケーブルテレビ事業者です。埼玉県入間市及び東京都西多摩郡にサービスを提供しており、今回フィルタリングサービスをはじめることで、一般のご家庭でさらに安心してインターネットが楽しめるような環境を用意します。なお、新学期が始まり、さらに未成年者の利用者が増えると想定されるこの4月1日には、埼玉県内をはじめ、全国で数社※のプロバイダが同様のサービスを開始します。

「i-フィルター」について

インターネットを利用した犯罪や、未成年者の出会い系サイトをめぐるトラブル、未成年者に好ましくないコンテンツなど、ネット上の負の部分から家庭の環境を守るためのサービスです。家庭において、閲覧するのに不適切な内容のページが表示されないように、ブロックします。プロバイダ向けには2002年にサービスを開始し、以来、全国のプロバイダ、CATVインターネットサービス等で利用されています。特に、最近では地域に密着したインターネットサービスにも数多く利用されています。

主な機能

  • 32種類のカテゴリ(セックス、ヌード、暴力、出会い、掲示板など)の中から、子どもに見せたくないと思うものを選んで遮断することが可能。
  • 年齢にあわせて、家族一人一人に異なる設定が可能(Windowsのマルチユーザー対応)。
  • 時間制限機能によりインターネット自体の利用時間を制限可能。
  • ログ表示機能で、子どもがどんなサイトを見て、どんなサイトがどのカテゴリでブロックされたのかを保護者が確認できる。
  • パスワードによる設定内容保護機能、接続タブ非表示機能で子どもによる設定変更、解除を防止。

以上