2005年のプレスリリース

2005年07月21日
デジタルアーツ株式会社

長野県の「JANISネットワーク」、
和歌山県の「リフレわかやま」で、7月下旬より
「i-フィルター®」のフィルタリングサービス開始

フィルタリングソフトメーカーのデジタルアーツ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、長野県の「JANISネットワーク」、和歌山県の「リフレわかやま」で、「i-フィルター」によるフィルタリングサービスが7月下旬より開始されることをお知らせします。

政府が有害情報に関する対策をまとめるなど、インターネット上の有害サイト問題に関心が高まる中、デジタルアーツでは、危険なサイトを表示させないサービスを、全国各地のプロバイダと連携して広げていき、安心してネットを使える環境を整備していきます。

今回提供されるのは、「i-フィルター Active Edition」によるフィルタリングサービスです。小学生向け、中学生向けなどの簡易設定による有害サイトブロックのほか、出会いや暴力など32のカテゴリから見せたくないものを選んで遮断することが可能。また、子どもがどんなサイトを閲覧しようとしていたのか、チェックすることもできます。
このたび新しくフィルタリングが利用できるようになる各サービスの詳細は下記の通りです。

「JANISネットワーク」2005年7月25日サービス開始予定
サービス名称:コンテンツフィルタリングサービス
「JANISネットワーク」は、インターネット接続サービス、JA長野県組織内のイントラネット、JA長野県と組合員・一般利用者・地域住民を結ぶ地域コミュニケーションネットワーク(Community Area Network)の総称で、JA長野県(株式会社長野県協同電算 長野県長野市、社長:征矢 福二)が運営しています。今回サービス提供を開始するJANISのインターネット接続サービスは、県内のケーブルテレビネットワークをはじめ、県内、県外を問わず幅広く提供されています。
「リフレインターネットサービス」2005年7月23日サービス開始予定
サービス名称:WEBフィルターサービス
有限会社リフレわかやま(和歌山県新宮市、社長:児嶋 隆也)の提供するインターネットサービス。同社は平成7年1月より新宮市にて、地域密着型のパソコンショップを 営業しています。平成8年6月からリフレインターネットサービスの提供を開始しました。これまでにも、メールのウイルスチェック、SPAMフィルターをはじめとする家庭向けセキュリティサービスを提供しています。

以上