2005年のプレスリリース

2005年10月26日
デジタルアーツ株式会社

Webフィルタリングアプライアンスサーバ
「i-FILTER for EasyNetBox」がバージョンアップ

株式会社テンアートニ(代表取締役社長:喜多 伸夫、本社:東京都千代田区、東証マザーズ:3744、以下テンアートニ)は、デジタルアーツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、証券コード2326、以下デジタルアーツ)のWebフィルタリングアプリケーション「i-FILTER」を搭載したアプライアンスサーバ「i-FILTER for EasyNetBox」のバージョンアップ、および従来の販売網からの大幅な拡張を発表します。

ビジネスの現場にインターネットが普及するにつれ、無防備な社員による掲示板への書き込みやウイルス感染など、勤務中の私的なインターネット利用が問題視されています。こうした行為には、業務効率の低下が伴うばかりでなく、情報漏えいや企業の信用低下を招く様々なリスクが潜んでいます。

「i-FILTER for EasyNetBox」は、そうした有害情報を遮断し、情報漏えいを未然に防ぐためのWebフィルタリングソリューション「i-FILTER」を搭載したアプライアンスサーバで、昨年2月の発表以降、順調に出荷を続けています。

テンアートニでは、「i-FILTER for EasyNetBox」をバージョンアップし、販売網を拡張することにより、企業のセキュリティ対策ニーズに対応した製品の拡販を目指します。

バージョンアップ内容

この度のバージョンアップの内容は、以下の通りです。

ハードウェアのスリム化
従来のキューブ型/1Uラック型から、ハーフサイズの1Uラックになりました。
オプションだった保守サポートが、初年度標準サービスに
電話やメールによるヘルプデスクやパッチを、初年度は標準サービスとして提供します。
その他
オプションとして、ハードウェアに障害が発生した際の障害機センドバック※を先出しいたします。代替機をすぐに使用できるため、待機期間は大幅に縮小します。
  • ※通常、ハードウェアに障害が起きた際、先にお客様から障害機を保守センターに送付していただきます。代替機を先に出荷するため、先出しといいます。

販売網について

今回のバージョンアップに伴い、同製品の販売ルートがこれまでの大塚商会1社から大幅に拡大することになりました。新たに加わる主な販売ルートは次の通りです。

  • カテナ株式会社
  • ソフトバンクBB株式会社
  • 株式会社ネットワールド
  • UDBリナックス・ジャパン株式会社
  • ユニアデックス株式会社 等(50音順)
  • ※テンアートニの販売会社も行います。

価格

  • 30ユーザ
    「i-FILTER for EasyNetBox RM30U」515,000円(税込540,750円)
  • 50ユーザ
    「i-FILTER for EasyNetBox RM50U」620,000円(税込651,000円)

次年度以降のサポート更新価格

  • 30ユーザ
    「i-FILTER for EasyNetBox RM30U」138,000円(税込144,900円)
  • 50ユーザ
    「i-FILTER for EasyNetBox RM50U」206,000円(税込216,000円)

以上