2006年のプレスリリース

2006年03月01日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツと「ベネッセカード」がサービス提携
「i-フィルター®」購入者に通常の10倍のポイント還元 2/27よりサービス開始

フィルタリングソフトメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長兼COO:森本 昌義、以下ベネッセ、証券コード9783)のカード事業と提携しました。

提携の内容は、デジタルアーツがベネッセのアライアンスパートナーとなり、ベネッセが発行するクレジットカード「ベネッセカード」にてデジタルアーツのフィルタリングソフト「i-フィルター」を購入したお客様に、購入費用の3%に相当するベネッセカードポイントを還元するというものです※1。そしてこれは、ベネッセカードが目指す「教育・育児に役立つサービスの提供」というサービス理念と、デジタルアーツが目指す「子どもたちにより安全・安心なインターネット環境の提供」という製品コンセプトが共鳴して生まれた新サービスです。

「ベネッセカード」

このたびの提携に関し、ベネッセのカード事業開発部長 豊岡 隆行氏は、次のようなコメントを寄せています。

『「ベネッセカード」では、会報誌や会員専用のサイトを通じて、教育に役立つ様々な情報やサービスを提供し、会員の皆様よりご好評をいただいております※2。この提携により、ベネッセは、調べ学習など、「子どもには安全な環境でインターネットを使わせたい」というニーズに応じることができるとともに、ネットを介した学習の裾野を広げ、そのターゲットを明確化することができます。またデジタルアーツは、「ベネッセカード」会員に対し「i-フィルター」を紹介することができ、家庭での利用をさらに広げることが可能になります。つまり、双方のニーズが一致した、インターネット学習領域での提携となっています。』

インターネットが普及し、学校教育の場でもパソコンを利用した教育が進むにつれて、家庭における子どものインターネット利用も急速に拡大しています。インターネット上には、子どもへの影響が懸念されるような情報も氾濫していることから、子どものインターネットアクセスについての対策は、必須の課題です。

デジタルアーツの「i-フィルター」は、インターネット上の悪質な情報を遮断できるWebフィルタリングソフトです※3。子どもの教育に欠かせなくなりつつあるインターネットを、より安全に、安心して活用いただくための対策ツールとして、昨今注目が集まっています。フィルタリング精度の高さばかりでなく、パソコン操作に不慣れな方にも簡単に設定でき、管理画面も分かりやすいと好評です※4

有害サイト遮断ソフト「i-フィルター 4」
有害サイト遮断ソフト「i-フィルター 4」

なお、「i-フィルター」ご購入時のベネッセポイントの付与は、次の通りです。

ご購入 デジタルアーツのWebサイトから「i-フィルター」をダウンロードし、ベネッセカードでご購入された場合。
富士通・ソニー・NEC・東芝・シャープ製のパソコンにバンドル(購入時にすでにインストール)された「i-フィルター」をベネッセカードでご購入された場合。
ご更新 「i-フィルター」のご更新の料金をベネッセカードでお支払いされた場合※5

デジタルアーツは、有害サイトの閲覧を制限するソフトウェア(フィルタリングソフト)の開発と普及に力を注ぐ、国産フィルタリングソフトのパイオニアです。今後もデジタルアーツは、"より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく"という企業理念の下、ベネッセと協力しながら「ベネッセカード」会員への認知拡大に努めてまいります。

  • ※1.「ベネッセカード」の通常のポイント還元率は、0.3%です。「i-フィルター」購入のお客様には、通常の10倍のポイントを還元します。
  • ※2.ベネッセカードについて
    ベネッセの幼児向け通信教育講座「こどもちゃれんじ」(2006年現在の会員数135万人)会員と同世代の子どもを持つ世代を想定して2005年3月にサービスが開始されました。
    「ベネッセカード」は、教育・育児のサポートサービスを充実させた「教育のカード」で、その評価も高く、2006年2月からは小学生~高校生向けの通信教育講座「進研ゼミ」などに、その提供範囲を拡大しています。
    なお、同カードの利用者は、ベネッセのほとんどの商品で、ポイントサービスなどの優遇サービスが受けられるとともに、会報誌にてベネッセの教育シンクタンクである「Benesse教育研究開発センター」から教育環境変化などの教育・育児に役立つ情報が提供され、無料で育児相談が受けられるなど、教育に関心を寄せる層に人気のカードです。
  • ※3.Webフィルタリングソフト「i-フィルター」は、約1億4000万ページのデータベースを基に、子どもに不適切なサイト(アダルトサイトや犯罪性の高いサイトなど)の閲覧を遮断できる家庭向けソフトウェアです。子ども向け(小学生、中学生、高校生)ばかりでなく、大人向けの設定が可能であるため、フィルタリングの強度が異なるユーザーが1台のパソコンを利用する場合にも活用いただけます。
  • ※4.2006年デジタルアーツ顧客アンケート調査より。
  • ※5.全てのご更新がポイントの対象となります。つまり、家電量販店やデジタルアーツ以外のインターネットショップで「i-フィルター」をご購入されていた場合も対象となります。

以上