2008年のプレスリリース

2008年03月31日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツの「i-フィルター®」、埼玉県のISP事業者Knetで採用される
4月1日(火)より、フィルタリングサービスの提供を開始

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、自社が開発するWebフィルタリングソフト「i-フィルター」が、Knet株式会社(本社:埼玉県行田市、代表取締役:野村 泰豪、以下Knet)の運営するインターネットサービス「Knet」の新サービス「ウェブフィルタリングサービス」に採用されたことをお知らせします。

「Knet」ロゴ

Knetは、埼玉県行田市にて1995年11月よりインターネット接続サービスを提供しているインターネットサービスプロバイダ(ISP)事業者です。今回の採用により、Knetをご利用のお客様は、有害なサイトからお子さまを守る「i-フィルター」を月額210円(税込)でご利用いただけます。なお、本サービスのお申し込み受付およびサービス開始日は、2008年4月1日(火)です。

Knetのホームページでは、同社の提供する有害サイトフィルタリングサービスのお申し込み方法や、サービスの概要について掲載しています。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください。

「i-フィルター」の導入実績は、Webフィルタリングサービスを提供しているISPとCATVの約90%

デジタルアーツでは、家庭向けとISP/CATV向けに、Webフィルタリングソフトを開発しています。家庭向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター」シリーズは、家電量販店での販売や各社ホームページからのダウンロード販売、ゲーム機や通信端末向けのサービス等、Webフィルタリングを必要とする様々なシーンに応じて提供されています。このたび、Knetにてご採用いただくサービスは、ISP/CATV向けのWebフィルタリングサービス「i-フィルター Active Edition(アクティブ エディション)」です。同製品を採用しているISPとCATVは、本日現在の累計で143社にのぼり、これはWebフィルタリングサービスを提供しているISPとCATVの約90%を占めます※1。採用実績の詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

今回、Webフィルタリングサービスを開始する理由について、Knet株式会社ネットワーク管理課の三浦氏は、以下のように述べています。

『弊社では、インターネットブームが到来する前の1995年よりインターネット事業を開始して以来、インターネットサービス事業の先駆者として、お客様に対してつねに最新のサービスを提供してきました。しかし、昨今ではインターネットを通じた事件が多く報道されたことで、不適切なサイトをお子さまに見せたくない、というお客様からのニーズが高まってきたことから、今般、ウェブフィルタリングサービスを開始することとなりました。「i-フィルター」は、すでにISPにおけるサービス提供実績を多く有していることもあり、信頼性が高いことから、弊社のお客様のニーズを満たすことができると判断し、導入を決定しました。』

「フィルタリング普及啓発アクションプラン 2007」に向けた、デジタルアーツの取り組み

2007年6月1日(金)、業界6団体が発表した「フィルタリングの普及啓発アクションプラン 2007」に合わせ、デジタルアーツは、家庭におけるフィルタリングソフトの普及を目指した2007年度の取り組みを発表しました※2。このなかで、デジタルアーツでは「利用者が容易にインストールや設定が行えるよう、多様な情報端末にフィルタリングサービスを提供する」と発表しており、今般提供したサービスも、ここで発表した取り組みを踏まえた普及啓発活動のひとつです※3。

デジタルアーツは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」という企業理念の下、今後もISPやCATVをご利用のインターネットユーザーに対し、Webフィルタリングソフトについてご理解いただくとともに、ご利用いただけるよう、情報発信やサービス提供に努めてまいります。

以上

「i-フィルター Active Edition」について
「i-フィルター Active Edition」は、日本全国のISPに対して提供される、Webフィルタリングサービスです。ISP事業者経由で本サービスを利用することで、自宅のインターネットから有害サイトの閲覧を制限することができます。主な機能は、以下のとおりです。
フィルタリングカテゴリの設定
閲覧を規制したいWebサイトを、カテゴリごとに設定可能
使用禁止時間の設定
Webサイトの閲覧を禁止する時間帯を設定可能
規制データベースのカスタマイズ
「i-フィルター」が用意した閲覧を禁止するURLリストのほか、お客様ご自身で「閲覧禁止URLリスト」の設定や、「閲覧許可URLリスト」の追加ができ、ご家庭のポリシーを反映させたフィルタリングが可能
ログ表示
お子さまがどんなサイトを見ているのか、どのようなサイトがブロックされたのか、その履歴確認が可能
本製品の詳細につきましては、下記リンク先をご参照ください。
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級となる2億3,000万ページを超すWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でシェアNo.1を誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向けに「i-フィルター」、企業向けに「i-FILTER」、また企業向け電子メールフィルタリングソフトとして「m-FILTER」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTERは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。