2008年のプレスリリース

2008年09月25日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツの「i-フィルター®」、
イージェーワークスが運営する7つのISPで同時採用
~10月1日(水)より、Webフィルタリングサービスの提供を開始~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、自社が開発するWebフィルタリングソフト「i-フィルター」が、株式会社イージェーワークス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小野田 尚武)の運営する7つのインターネットサービスプロバイダ(ISP)で同時に採用されたことを発表します。

今回の採用により、各ISPをご利用のお客様は、有害なWebサイトからお子さまを守るWebフィルタリングソフト「i-フィルター」をご利用いただけます。各ISPが提供するサービスの名称は「Webフィルタリングサービス」で、ご利用料金は月額315円(税込)となります。サービス開始日は2008年10月1日(水)です。

今回、本サービスを開始するISP名およびその概要は、以下のとおりです。

ejnet(イージェーネット)
横浜で圧倒的なシェアを誇るプロバイダ
ejnet(イージェーネット)
RIM NET(リムネット)
1994年にサービスを開始した、日本に最も古くからある
プロバイダのひとつ
RIM NET(リムネット)
ALLES NET(アレスネット)
1995年にサービスを開始した、歴史の長いプロバイダ
ALLES NET(アレスネット)
四国インターネット
地域密着型サービスにより四国でシェア1位を誇るプロバイダ
四国インターネット
infoPepper(インフォペッパー)
1996年に大手パソコンメーカーのPCバンドルISPとして発足
infoPepper(インフォペッパー)
The FSI Network(ザ エフエスアイ ネットワーク)
1995年に大手SI企業が開始したプロバイダ
The FSI Network(ザ エフエスアイ ネットワーク)
まねきねこインターネット
大阪でサービスを開始したプロバイダ
まねきねこインターネット

なお、2008年10月1日(水)~2008年12月31日(水)までの期間にサービスをお申し込みいただいたお客様に対し、期間内の「Webフィルタリングサービス」利用料金を無料にするキャンペーンを実施します。

デジタルアーツでは、今回7つのISPに採用されたことで、「i-フィルター」利用者のさらなる拡大を見込んでいます。

「i-フィルター」の導入実績は、Webフィルタリングサービスを提供しているISPとCATVの約90%

デジタルアーツでは、家庭向けとISP/CATV向けに、Webフィルタリングソフトを開発しています。家庭向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター」シリーズは、家電量販店での販売や各社ホームページからのダウンロード販売、ゲーム機や通信端末向けのサービス等、Webフィルタリングを必要とするさまざまなシーンに応じて提供されています。このたび、株式会社イージェーワークスにご利用いただくサービスは、ISP/CATV向けのWebフィルタリングサービス「i-フィルター Active Edition(アクティブ エディション)」です。同製品を採用しているISPとCATVは、本日現在の累計で151社にのぼり、これはWebフィルタリングサービスを提供しているISPとCATVの約90%を占めます※1。

株式会社イージェーワークスは、株式会社ピーシーデポコーポレーションの戦略子会社として設立されて以来、一般消費者の方々から法人のお客様までの幅広い顧客層に対して、ISPサービス、ブロードバンドソリューションおよびWebインテグレーションサービスを提供しています。

今回、「Webフィルタリングサービス」を開始する理由について、株式会社イージェーワークスの営業本部本部長である樋口悟氏は、以下のように述べています。

「弊社では、インターネットの利便性の高さにいちはやく着目し、とくにインターネット環境の行き届かない地方のお客様にも充実したネットライフをお届けしたいという思いから、サービス地域の拡大と品質の向上に努めてまいりました。このような状況のなか、事件などをきっかけにインターネットの有害な情報から青少年を守る『フィルタリングソフト』が注目を集めるようになり、とくにご家庭でインターネットを利用しているお客様を中心に、有害なWebサイトを子どもたちに見せないようなサービスを手軽に導入したい、とのご要望を多数いただくようになりました。

『i-フィルター』は、すでにISP向けのサービスとして多くの導入実績を有していることに加え、機能全般の使いやすさや、フィルタリング精度の高さから、お客様にもご満足いただけるサービスになりうると判断し、このたび、採用を決めました」。

デジタルアーツは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」という企業理念のもと、今後もISPやCATVをご利用のインターネットユーザーに対し、Webフィルタリングソフトについてご理解いただくとともに、ご利用いただけるよう、情報発信やサービス提供に努めてまいります。

  • ※1 ISPおよびCATVへのサービス提供実績
    導入ISP/CATVの数につきましては、統廃合等による変動がございます。この数字は、本日発表時点での累計導入数をもとに算出しています。

以上

「i-フィルター Active Edition」について

「i-フィルター Active Edition」は、日本全国のISPに対して提供される、Webフィルタリングサービスです。ISP事業者経由で本サービスを利用することで、自宅のインターネットから有害サイトの閲覧を制限することができます。 主な機能は、以下のとおりです。

フィルタリングカテゴリの設定
閲覧を規制したいWebサイトを、カテゴリごとに設定可能
使用禁止時間の設定
Webサイトの閲覧を禁止する時間帯を設定可能
規制データベースのカスタマイズ
「i-フィルター」が用意した閲覧を禁止するURLリストのほか、お客様ご自身で「閲覧禁止URLリスト」の設定や、「閲覧許可URLリスト」の追加ができ、ご家庭のポリシーを反映させたフィルタリングが可能
ログ表示
お子さまがどんなサイトを見ているのか、どのようなサイトがブロックされたのか、その履歴確認が可能
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」との企業理念のもと、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級となる2億5,000万ページを超えるWebフィルタリングデータベースと、世界26の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向けに「i-フィルター」、企業向けに「i-FILTER」、また企業向け電子メールフィルタリングソフトとして「m-FILTER」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTERは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。