2009年のプレスリリース

2009年06月25日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ、ISP向けソフト最新版
「i-フィルター® for プロバイダー」を提供開始
インターネット接続サービス事業者向けのWebフィルタリングソフト、
対応ブラウザーを無制限とするなど、機能や精度が大幅に向上

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、インターネット接続Webサービスを行っている日本全国のインターネットサービスプロバイダー(ISP)およびCATV事業者を対象にしたWebフィルタリングソフトの最新版「i-フィルター for プロバイダー」の提供を2009年6月26日(金)より開始します。

最新版の「i-フィルター for プロバイダー」を経由したWebフィルタリングサービスでは、利用ブラウザーが無制限となり、Windows Vista 64 bit、次期OSとなるWindows 7にも対応します。また、フィルタリングカテゴリ数も、34から67と、従来版である「i-フィルター Active Edition」から大幅に増加するとともに、利用者ごとのインターネット利用状況を「アクセスサイトランキング」や「ブロック履歴一覧」「検索単語ランキング」といったさまざまな視点で確認ができるなど、子どもがインターネットを安全に楽しむための機能が新たに追加されました。これらの機能は、すでに、弊社の提供する家庭向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター 5.0」において実績がある技術をベースに構築されています。

デジタルアーツは、2002年以来、ISP/CATV事業者向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター Active Edition」を提供してきました。現在、157社のISP/CATVが本製品を採用しています。今後は、ISP/CATV事業者とのアライアンスをさらに深め、「i-フィルター for プロバイダー」の導入を促進することで、引き続き各プロバイダーを通じて家庭における安全なインターネット利用に貢献します。また、ISP/CATV事業者が、「i-フィルター for プロバイダー」を使った自社サービスを拡大できるよう、利用者向けフィルタリング普及啓発資料の素材を提供するなどして、Webフィルタリングサービスユーザーの拡大を目指します。

ISP/CATV事業者からみた、「i-フィルター for プロバイダー」の特長

「i-フィルター for プロバイダー」は、インターネットサービスを提供するISP/CATV事業者の皆様にご提供するフィルタリングソフトです。主な特長は、以下のとおりです。

大規模展開に最適な仕組みの採用、端末への負担も軽減

Webアクセス時の処理が分散されるため、大規模ISP/CATVにおいても、ストレスなくご利用いただくことができます。また、データベースもすべてサーバーに設置するため、ユーザーのパソコンにデータを入れる必要がありません。端末に入れるプログラムも最小限に抑えることができるため、小型端末でも利用可能です。

Webアクセスに影響しないサービス継続の実現

通信経路上にフィルタリング用のサーバーを設置する必要がないため、サーバーがダウンするような事態が発生した場合でも、インターネットアクセスそのものが直接影響を受けることがありません。利用者に対してインターネットアクセスを継続的に提供しなければならない、ISP/CATV事業者にとって最適です。

ユーザーの個体識別・管理が可能

ID登録により、ISP/CATV経由のWebフィルタリングサービス利用者を個別に識別・管理することが可能です。利用者を正確に把握できるため、ISP/CATV事業者が有料オプションサービスとしてご導入いただくことができます。シリアルを自動発行するとともに、決められた利用期間が来たらシリアルを無効化する、などの処理も簡単です。

他社にない、高性能かつきめ細やかなフィルタリングサービスの実現

ISP/CATV経由で提供できるWebフィルタリングソフトとして、初の機能を多数搭載しました。

  • 子どもに見せたくない単語や内容を検索結果からも見えなくする機能
  • 登録した単語をブロック/伏せ字にする機能
  • 登録した個人情報の送信を防止する機能
  • ショッピングサイトでの購入を禁止する機能
  • 掲示版やコミュニティサイトへの書き込みを禁止する機能

今回の最新版では、利用ブラウザーの制限がなくなったことに加え、フィルタリングカテゴリ数を67カテゴリと従来製品の34カテゴリより大幅に増加したため、フィルタリング精度が大幅に向上しました。また、レポート機能の搭載により、ネット利用状況を円グラフなどといった形でひと目での把握ができるようになりました。これにより、ISP/CATV事業者の皆様は、自社のインターネット接続サービスをご利用のお客様に対し、さらにご満足いただける高性能かつ高精度なフィルタリングサービスを提供することが可能となります。

「i-フィルター for プロバイダー」に関するお問い合わせは、同製品の販売代理店にまでご連絡ください。

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」との企業理念のもと、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級となる約2億7,000万ページのWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向けに「i-フィルター」、企業向けに「i-FILTER」、また企業向け電子メールフィルタリングソフトとして「m-FILTER」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTERは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。