2010年のプレスリリース

2010年10月26日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ、クラウド化した家庭向け
フィルタリングソフト「i-フィルター® 6.0」を新発売
新たにクラウド型サービスの採用によるリモート対応外部パソコンからも子どものインターネット利用状況の確認が可能に

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、家庭向けWebフィルタリングソフトの最新版「i-フィルター 6.0」を、2010年11月12日(金)より店頭販売することを発表します。

今回の最新版における最大の特徴は、「クラウド化」、つまり、URLデータベースおよびユーザー設定情報をクラウド上に設置したことです。これにより、外部パソコンから遠隔でフィルタリング機能の設定や解除、インターネット利用状況の確認といった操作が可能となりました。なお、ダウンロード販売は、店頭販売に先行して、2010年10月29日(金)より開始します。

デジタルアーツでは、本製品の発売により、今後1年間で家庭向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター」シリーズで、40万の利用者獲得を目指します。本サービスの詳細につきましては、下記リンク先をご確認ください。

有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」パッケージ
有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」

新しい「i-フィルター 6.0」最大の特徴は、クラウド仕様によるフィルタリング遠隔設定機能

最新版の「i-フィルター 6.0」は、「かんたん・わかりやすい設定」「高性能なフィルタリング技術」「インターネット利用を管理」という従来からの基本コンセプトは踏襲しつつも、さらに保護者が便利さを享受できるよう、遠隔におけるフィルタリング設定機能を追加しました。この機能は、すべて「クラウド化」により実現したものです。

今回追加された主な新機能は、以下のとおりです。

外部パソコンからフィルタリングの遠隔操作が可能に、時間・場所を問わず、フィルタリングの設定や、
子どものインターネット利用状況確認ができる

「i-フィルター 6.0」が入っている端末のみならず、外部パソコンからもフィルタリングの設定変更ができるようになりました。これは、パソコンが安価になった結果、子ども専用パソコンの所有率が増加していることや、パソコンを使用した学習機会が増加するなど、保護者の目が届かない場所でのインターネット利用時間が増加していることをふまえて追加した機能です。

これにより、たとえば保護者の方が子どもに見せたくないと感じたWebページを別のパソコンから登録したり、気になった時に、外部パソコンから子どものインターネット閲覧状況の確認ができるようになり、「子どもを守っていること」がいつでも実感できる、保護者に安心な機能が実現しました。

また、「フィルタリングソフトを使っているということをもっと実感したい」というご意見を反映し、子どものインターネット利用状況を保護者のメールアドレス・携帯メールなど、あらかじめ登録されたメールアドレスに定期的に「アクセスURL数」や「インターネット利用時間」を通知する機能も追加しました。これにより、「i-フィルター 6.0」のブロック実績を確認いただけるとともに、普段のやり取りでは見えない子どもの関心事などをいち早く把握していただくことができます。

外出先から子どものインターネット利用を見守りたい!

アプリケーション制御機能を追加し、パソコンでのゲーム利用制限も可能に
時間制限機能と連動させることで、アプリケーションの使用時間制限も

制限したいゲームなどのアプリケーションを登録するだけで、たとえば、子どもが長時間利用しがちなゲームの起動を制限できます。また、インターネットタイマーと連動させることで、アプリケーション利用時間の制限も可能となりました。これにより、「パソコンは活用してほしいが、ゲームはやらせたくない」「ゲームのやりすぎが心配」という保護者の声にお応えします。

また、インスタントメッセンジャーやファイル共有ソフトなど、使っては困る、あるいは、使いすぎては困るアプリケーションについても、登録するだけで利用制限できます。

親子のやりとりを補完。子どもが保護者にブロック解除申請できる「お願い」ボタンを追加

自宅でインターネットを使っている子どもが、ブロック登録されている画面を閲覧する必要がある場合に、「お願い」ボタンをクリックし、見たい理由とともに解除申請をすると、フィルタリング管理者である保護者の携帯メールなど、あらかじめ登録されたメールアドレスに申請メールが送信されます。この機能により、子どもが必要な情報をいつでも安全に取得するためのやりとりを支援します。

子どもが保護者にブロック解除申請できる「お願い」ボタン

細かい強度設定が苦手な方に。「ブロック解除機能」

「i-フィルター」シリーズには、従来より、利用者ごとにフィルタリング強度を設定できる機能があります。しかし、利用者の中には、利用者ごとのフィルタリング設定を行っていない方もいます。そこで、たとえば小学生向けにフィルタリング設定をしたパソコンを保護者の方が使っていて、「ショッピングサイト」のような見たいWebページがブロックされた際に、ブロック画面上で「管理パスワード」を入れるだけで、一時的なブロック解除ができるようにしました。

これにより、保護者の方がインターネットを利用する際に、わざわざ「設定画面」で設定や強度の変更を行わなくても、管理パスワードのみで一時的にフィルタリング機能をオフにできます。

従来搭載している機能はそのままに、さらなる利便性を追求した「i-フィルター 6.0」

子どもが勝手に住所や家族の名前、クレジットカード番号などを書き込めないようにする「個人情報保護機能」や、年代に応じた強度設定や複数ユーザー設定など、多岐にわたるフィルタリング強度設定機能など、従来からご好評いただいている機能も、これまでどおり、搭載しています。なかでも、ショッピングサイトやコミュニティサイトは見せますが、「書き込む」「購入する」などのアクションはブロックする「書き込み・購入ページブロック機能」や、「見せたくない」「まだ知られたくない」単語を登録することで、該当する単語を伏字で表記、もしくは、その単語が入ったWebページ全体をブロックできる「単語/伏字ブロック機能」、そして、検索結果から子どもに不適切なコンテンツを非表示にする「検索結果ブロック機能」は、「i-フィルター」シリーズのみが搭載する機能です。また、低い誤ブロック率はもちろん、未知のWebサイトもフィルタリング可能な「ページスキャン」機能の搭載により、高いブロック精度が得られます。

デジタルアーツは、早くからインターネット上に存在する有害・悪質な情報の存在に着目し、子どもが安全に安心してインターネットを使えるためのツールとして、2000年に初の純国産フィルタリングソフト「i-フィルター」を開発・発売しました。以来、パソコンソフトとしては初めて、日本PTA全国協議会でご推薦いただくとともに、家庭向けフィルタリングソフト市場でNo.1となるシェア9割(2009年BCN調べ)の地位を確立しています。

インターネットを介した事件は相変わらず増加傾向にあります。2010年3月18日に警察庁が発表した資料によると、違法情報・有害情報に該当すると判断した件数は年々増加しており、2009年中の合計件数は33,968件と、前年比67.1%の増加でした。また、警察庁が同じく発表した8月19日の資料によると、出会い系サイトの取り締まりが厳しくなるなか、児童が非出会い系サイト、つまり、非コミュニケーションサイトを経由して犯罪被害に遭った事件の検挙件数は、前年同期比で15.7%増加しています。こうした状況のなか、Webフィルタリングソフトは、子どものインターネット世界を段階的に広げ、子どもの安心・安全なインターネット利用を推進するうえで欠かせないものです。

デジタルアーツは、今後とも、より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献すべく、ご家庭での利用に最適な製品をご提供するとともに、フィルタリングソフトの必要性を幅広く訴求してまいります。

製品ラインナップおよび価格

  • 「i-フィルター 6.0」パッケージ版  標準価格:6,090円(税込)
  • 「i-フィルター 6.0」ダウンロード版  参考価格:4,200円(税込)
  • 「i-フィルター 6.0」2ライセンスパッケージ  標準価格:9,135円(税込)
  • 「i-フィルター」更新パック  標準価格:4,200円(税込)

動作環境

コンピュータ本体 以下のOSが快適に動作するパソコン
OS
(各日本語版)
Windows 7 Ultimate
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Home Basic
Windows 7 Starter
Windows Vista Ultimate *
Windows Vista Home Premium *
Windows Vista Home Basic *
Windows Vista Business *

  • * Service Pack 1以上
Windows XP Home Edition *
Windows XP Professional *
Windows XP Media Center Edition 2005

  • * Service Pack 3以上
CPU 1GHz以上のプロセッサ Celeron533MHz以上
メモリ 1GB以上 256MB以上
解像度 800×600(SVGA)以上
ブラウザ 制限なし

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級となる3億1,000万ページを超すWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向けに「i-フィルター」、企業向けに「i-FILTER」、また企業向け電子メールフィルタリングソフトとして「m-FILTER」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTERは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。