2010年のプレスリリース

2010年12月06日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ、スマートフォン対応フィルタリングアプリケーションを開発
今後拡大が予想されるスマートフォン向けサービスを順次投入、携帯電話市場への本格参入を目指す

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、このたび、スマートフォンに対するフィルタリングアプリケーション「i-フィルター for スマートフォン」を開発したことを発表します。今回開発したのは、個人用スマートフォン向けフィルタリングアプリケーションとなります。デジタルアーツでは、これを皮切りに、企業で提供されるスマートフォンに対しても、フィルタリングサービスを順次投入していきます。

「i-フィルター for スマートフォン」の主な機能は、以下のとおりです。

利用者や利用状況に合わせた、きめ細やかなフィルタリング強度設定が可能
「i-フィルター for スマートフォン」がインストールされたスマートフォンをご利用いただければ、どのポータルサイトを経由して検索を行っていただいても、どのリンクをたどっていただいても、各カテゴリセットに応じて、高精度のフィルタリングサービスが適用されます。
なお、カテゴリセットは、利用者や利用状況に合わせて「小学生」「中学生」「高校生」「大人」などをご用意しました。これにより、状況に応じたカテゴリセットを選んでいただくだけで、簡単にフィルタリング強度が設定できます。また、コミュニケーションサイトや、アダルト、グロテスク、ギャンブルなどといった67種類のカテゴリから、「見せたくない」カテゴリを選択することで、ご家庭の方針に合わせたさらに細かい設定も可能です。
外部パソコンからフィルタリングの遠隔操作が可能に。
時間や場所を問わず、フィルタリングの設定やインターネットの利用状況確認もできる
スマートフォン本体にて「i-フィルター for スマートフォン」を設定していただければ、以後は外部パソコンからのフィルタリングの設定変更が可能です。
これにより、たとえば保護者の方が子どものスマートフォンで見せたくないと感じたWebページを、別のパソコンから「見せたくないサイト」に登録したり、外部パソコンから子どものインターネット閲覧状況の確認もできるようになるため、気になった時に子どものインターネット利用をいつでも見守ることができます。
親子のやりとりを補完。子どもが保護者にブロック解除申請できる「お願い」ボタンを設置
スマートフォンでインターネットを利用している子どもが、ブロック登録されている画面を閲覧する必要がある場合に、「お願い」ボタンをクリックし、見たい理由とともに解除申請をすると、フィルタリング管理者である保護者の携帯メールなど、あらかじめ登録されたメールアドレスに申請メールが送信されます。
この機能により、一方的にWebサイトを遮断するのではなく、子どもが必要な情報をいつでも安全に取得するための親子のやりとりを支援します。

株式会社MM総研が10月に発表した「2010年度上半期携帯電話端末出荷概況」によると、2010年上期(2010年4月~9月)におけるスマートフォンの出荷台数は223万台となりました。これは上期出荷台数の11.7%を占めるにすぎないものの、下期においても出荷台数を引き続き伸ばしていくと予測しています。

スマートフォンでは、子どもが使って楽しい、あるいは、ためになるアプリケーションも多数販売されていることから、今後、とくに中学生以上のお子様に向けた普及が進むのではないか、とデジタルアーツでは予測しています。一方で、スマートフォンは、いつでもどこでも使える機器であることから、子どもが部屋や外出先で利用を始めた場合、保護者はその利用状況を見守ることができません。「i-フィルター for スマートフォン」をご利用いただくことで、子どもにとってふさわしくないWebページをブロックしたり、子どものネット利用状況を確認したり、またインターネット利用時間を制限することが可能となるため、子どもにとって安全なインターネット利用を実現します。

「i-フィルター for スマートフォン」は、デジタルアーツにとって、2007年にMicrosoft Windows® Mobile™ 5.0日本語版向けのフィルタリングサービスを提供して以来初の、携帯電話対応フィルタリングの提供となります。デジタルアーツは、今回開発した「i-フィルター for スマートフォン」が、今まで培ってきたパソコン向けフィルタリング技術を最大限に活かした、利便性の高いフィルタリングサービスとして、市場に受け入れられると期待しています。

デジタルアーツは、2011年1月末の発売開始を目指して、「i-フィルター for スマートフォン」の提供準備を進めていきます。

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級となる3億2,000万ページを超すWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向けに「i-フィルター」、企業向けに「i-FILTER」、また企業向け電子メールフィルタリングソフトとして「m-FILTER」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、アイフィルター/i-フィルター、i-FILTER/m-FILTERは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。