2014年のプレスリリース

2014年03月10日
デジタルアーツ株式会社

未成年者のスマートフォン利用における教育に特化した
『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』
3月10日に3つのストーリーを追加
~日常的にスマホに触れる学生たちによるシナリオと実写画像で、よりリアルなトラブルの疑似体験へ~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、未成年者がスマートフォンを安全に正しく利用できるように情報モラルを身につけてもらうことを目的とした教育用無料アプリ『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』において、3月10日より新たに疑似体験いただけるストーリーを3つ追加いたしました。

新たに追加された3つのストーリー

タイトル サブタイトル あらすじ
ゲーム依存 兵庫県立大学の学生によるシナリオ クラスでも1、2を争うくらい成績の良かったタツヤは、スマートフォンを買ってもらってから夜遅くまでゲームをするようになってしまい、ついには…
友達とのトラブル 兵庫県立大学の学生によるシナリオ アイコ、ナツミ、ハル、ミホ、ミサトは仲良し5人組。中でもアイコとナツミは特に仲が良かったが、ある日、アイコがテスト範囲を教えてもらおうとナツミにメッセージを送ったところ…
友達とのトラブル2 羽衣学園の生徒によるシナリオ モモカ、リカ、サヤカの女子3人と、タクミ、ソラの男子2人は仲良し5人組。ある日、実はモモカとリカの2人ともがタクミのことを好きだということが分かり…

『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』の表示画面(イメージ)

『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』の表示画面(イメージ)

今回のアップデートでは、日常的にスマートフォンを利用しており、大人よりもスマートフォンのトラブルを身近に感じている学生の視点を取り入れる目的で、兵庫県立大学の学生と大阪府の私立羽衣学園高等学校の生徒に、シナリオ制作、およびストーリー上の各シーンにおける写真撮影のご協力をいただき、「ゲーム依存」「友達とのトラブル」「友達とのトラブル2」の3つの新たなストーリーを追加いたしました。

『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』は、未成年者がスマートフォンを安全に正しく利用できるように情報モラルを身につけてもらうことを目的とした教育用無料アプリとして、デジタルアーツが2013年8月21日に提供開始いたしました。「出会い系被害」「個人情報漏えい」「高額請求」「ネットいじめ」「スマホ依存」「スマホ以外の端末」「個人情報漏えい2」「危険なアプリ」の8つのストーリーに、今回の3つのストーリーを追加し、合計11話のストーリーを疑似体験いただけるようになります。無料アプリとして、スマートフォンやタブレットに手軽にダウンロードしていただけることから、全国の学校、地方自治体、警察、団体等が実施する情報モラル教育の現場にて活用の場が広がっております。

デジタルアーツでは、引き続き未成年者の情報モラル教育活動を推進していらっしゃる全国の都道府県市区町村やNPO団体・PTA・学校の教職員および保護者の皆さまに対し、本アプリをスマートフォンの情報モラル教育用コンテンツとして講習会や授業等でご活用いただけるよう、ご提案させていただくと共に、未成年者の安全なインターネット利用に対して有効な手段であるフィルタリングソフトの導入につきましても合わせて認知していただけるよう、取り組んでまいります。また、総務省他関係省庁が、関係団体・事業者とともに進めている「春のあんしんネット・新学期一斉行動」に賛同・協力し、本アプリの周知も含め、啓発活動等の取り組みをさらに進めてまいります。

※尚、『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』を使用した講師派遣も行っておりますので、ご希望の方はこちらのメールアドレス(info@daj.co.jp)宛てにお問い合わせください。

概要

正式名称
『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』
アップデート日
2014年3月10日(月)
※既にアプリをダウンロードいただいている方は、アップデートいただければ新ストーリーを体験いただけます。
料金
無料
対応機種
  • iOS対応端末:iOS 5.0以降
  • Android対応端末:Android 2.2以降
ダウンロード方法
アプリ紹介サイト
https://www.daj.jp/cs/sp/app/

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。  また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとして電子メールフィルタリングソフト「m-FILTER」、電子メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
  • ※ App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
  • ※ iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ※ Android、Google Play はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER、D-SPA、FinalCodeは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。