2014年のプレスリリース

2014年10月14日
アライドテレシス株式会社
デジタルアーツ株式会社

アライドテレシスの次世代ファイアウォールの新機能に
デジタルアーツのWebフィルタリングソリューションを採用
~最新の脅威に対応した新たなセキュリティ製品に搭載~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)とIP/イーサネットソリューション及び通信と放送を融合するIPトリプルプレイネットワーク業界でグローバルリーディングカンパニーのアライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋 章禎、以下 アライドテレシス)は、この度、アライドテレシスが提供する新たな次世代ファイアウォールにおいて協業し、デジタルアーツのWebフィルタリングソリューションを採用したことを発表いたします。

サイバーセキュリティの世界は絶えず進化しており、昨今のハッカーは、単独犯ではなく、犯罪組織として十分な資金を得るために、戦略的に攻撃を仕掛けてきます。特に標的型攻撃は簡単に従来の防御策をすり抜け、ターゲットに対して長期間にわたって攻撃を行います。これらの脅威に対応するには、ネットワーク内の一見無関係と思われる行動の変化を相関させる洞察力と、統合された多面的なソリューションが不可欠となります。

そこで、アライドテレシスは次世代ファイアウォールの新機能として、業界をリードするデジタルアーツのWebコンテンツフィルタリングソリューションを搭載しました。これにより、最新のWeb上の脅威に最適化されたリアルタイムのコンテンツフィルタリングが可能となり、次世代ファイアウォールの他の機能と組み合わせることで、今日の高度な外部からのサイバー攻撃の対応が可能となります。

アライドテレシスは情報セキュリティにおいて、20年以上の長きに渡り、セキュリティアプライアンスの開発実績を築きながら、VPN製品の初期のベンダーの1社として、ワイドエリアネットワーク(WAN)の安全な移行促進に貢献してまいりました。新しいアライドテレシスのファイアウォール製品は、全く新しいレベルで内部および外部の脅威に対する保護とネットワークリソースの最適化を高め、“Internet of Things”と“Application as a Service”などのインターネット利用における変化へ対応します。

『デジタルアーツのWebフィルタリングによって提供される精度とカバレッジは、私たちのソリューションにおける他のオプションと比較しても非常に優位性が高いと考えています。』とアライドテレシスのプロダクトマーケティング部 部長 佐藤 誠一郎は述べています。『リアルタイムのコンテンツフィルタリングは、次世代ファイアウォールに不可欠な要素です。また、適切なパフォーマンスと管理機能も今回の製品選定にあたって重要なポイントとなっていました。デジタルアーツのフィルタリングソリューションでは、このような次世代ファイアウォールにおいて必要な要素をカバーしています。私たちの次世代ファイアウォールにはこれらの重要な機能が含まれているので、設定が容易にでき、包括的かつ高精度な防御を提供することができる業界最先端技術を持っていると言えます。』と述べています。

デジタルアーツのエンタープライズ・マーケティング部 部長 小田 真一朗は、『デジタルアーツは、この度のアライドテレシスの次世代ファイアウォールへの弊社製品搭載を歓迎いたします。Webフィルタリングソフト市場において、日本国内シェアNo.1である弊社のフィルタリングデータベースは、悪意あるサイトやインターネット上の脅威変化の激しいインターネットの世界において、常に最新・高精度なデータベースを提供するため、新しいURLの追加ばかりでなく、既存URLデータの定期的な見直しも随時行い、最新のWeb上の脅威に最適化しています。さらに、主要な言語への対応と、スマートフォン専用サイト、出口対策専用情報などを搭載し、品質と数を備えて約100カテゴリに分類された非常に有効性の高いWebフィルタリングデータベースです。現在では、6,700以上の企業様、28,000校以上(2014年3月現在)の学校ユーザー様にご愛顧いただいております。弊社はこれからもお客様へ最適なソリューションをご提供すべく、アライドテレシスと共に製品・サービスの向上に注力してまいります。』と述べています。

デジタルアーツとアライドテレシスは、昨今のデータセキュリティ環境での運用を鑑みた管理機能とともに、Webアプリケーションベースの検知機能や脅威に対する高速防御、一元管理、そして総合された最先端のIPレピュテーションとアンチマルウェアサービスを搭載した次世代ファイアウォールを、優位性の高いソリューションとして市場に向けて提供してまいります。

以上

アライドテレシスについて
アライドテレシス株式会社は、ITインフラのスペシャリストとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼なネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供し、世界中の人々が、安心して、いつでも、どこでも快適に情報を利用できる、社会品質のネットワークを実現します。
http://www.allied-telesis.co.jp/
デジタルアーツ株式会社について
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとしてメールセキュリティソフト「m-FILTER」、メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER/i-FILTER EndPoint Controller、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCodeは、株式会社アイキュエスの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。