2015年のプレスリリース

2015年06月05日
デジタルアーツ株式会社

「FinalCode®」、北米からグローバル展開を強化
~グローバルのIRM市場にリーチするため米国子会社FinalCode, Inc.に
 「FinalCode」の全知的財産権を集約、グローバルスタンダードを狙う~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode(ファイナルコード)」においてグローバルのInformation Rights Management(IRM)市場にリーチするため、米国子会社FinalCode, Inc.(所在地:米国カリフォルニア州、CEO:ゴード・ボイス、以下 FCI)に「FinalCode」における全ての特許権、商標権、著作権等の知的財産権を集約し、グローバルスタンダードを獲得するべく、2015年11月1日(予定)より新体制に移行することを発表いたします。

「FinalCode」は、「手元を離れたファイルをコントロールし続けることができる機能」をもった他に類を見ないソフトウェアであることから、日本だけでなくグローバルのIRM市場で競争力があると考え、セキュリティベンダーが多く集まる米国シリコンバレーに2014年4月にFCIを設立いたしました。同年5月には、元米国大統領サイバーセキュリティ特別補佐官 ハワード・A.シュミットが取締役に就任、2015年1月には米国ネットワークセキュリティ大手ベンダーForeScoutの元CEOであるゴード・ボイスがCEOに就任し、グローバルに事業を推進する基盤が整いました。ゴード・ボイスは、ForeScoutにおけるCEOとしての約5年間で、ネットワークセキュリティ業界のベンチャー企業を世界で業界2位にまで押し上げた実績を持っています。さらに現在は、COO及び東海岸・西海岸に営業担当を配置し、マーケティング・営業活動を開始しております。日本の10倍(約5,000億円)と言われるグローバルのIRM市場へリーチして販売機会を創出し、本年度はデジタルアーツグループとして、2億円の売上獲得を目指しております。

新体制への移行後、デジタルアーツは日本のお客様からのご要望に加え、FCIから世界のサイバーセキュリティ市場をリードする北米市場における知見や最先端の技術情報を収集することで、「FinalCode」の製品機能を強化するための開発が可能となります。これにより、「FinalCode」はグローバル市場で通用する製品としての機能と日本の高い品質を兼ね備え、日本だけでなくグローバルレベルで通用するファイル暗号化ソリューションとして、お客様によりご満足いただける製品へと成長を加速させます。

そして、今後の日本市場における「FinalCode」の戦略においては、本年度から新たに大規模ライセンス案件にも着手するほか、マイナンバー制度開始に伴うセキュリティ対策として広く中小企業への導入推進を開始しており、昨年度を上回る案件数の獲得と成長を目指して活動を行っております。グローバル展開する日本のお客様の対応は、国内での購入であれば、引き続き、デジタルアーツが行ってまいります。また、日本国内における「FinalCode」の販売・サポートは今後も継続して行ってまいります。

デジタルアーツは、「Made in Japanのソリューションをグローバルスタンダードにする」というビジョンを掲げ、日本だけでなくグローバルレベルで活躍する企業や各国の官公庁に対し、長きに渡り未解決だったファイル共有におけるセキュリティの問題を解決する唯一のソリューションとして「FinalCode」を提案し、売上獲得に努めてまいります。

以上

「FinalCode」について
「FinalCode」は、RSA/AES256に準拠した暗号化技術を利用してファイルをパスワードレスで暗号化できるファイル暗号化・追跡ソリューションです。ファイルの暗号化時に閲覧可能者と閲覧権限をファイル単位で設定するため、仮にファイルが流出してもファイル内の機密情報が漏れることはありません。更に、ファイルが手元を離れた後でも、権限変更やファイルの消去ができるため、社外に送信したファイルでも状況に応じてリモートで管理できます。「FinalCode」シリーズは、暗号ファイル閲覧者用のライセンス負担が不要で、サーバー構築の手間も必要ないため、従来型のファイル暗号化製品と比較して、コストを低く抑えることができます。
http://www.finalcode.com/jp/
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭および個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとして電子メールセキュリティソフト 「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER/i-FILTER EndPoint Controller、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCodeは、株式会社アイキュエスの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。