2016年のプレスリリース

2016年05月30日
デジタルアーツ株式会社

ネットリテラシー教育の授業や勉強会でご利用いただける
「学習資料」に2種類の資料を追加
~講演先から要望の多かった、動画視聴アプリとゲーム機でのフィルタリングについての資料を無償提供~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード 2326)は、ネットリテラシー教育の授業やセミナー・勉強会などにご活用いただける学習資料のダウンロードページに、5月30日より2種類の資料を追加いたします。

スマートフォンの普及により、誰もが手軽にインターネットを利用できるようになり、近年急速に未成年者のインター ネット利用率が高まる傾向にあります。その一方で、適切なネットリテラシーを学習する機会や伝えるべき情報が整っておらず、インターネットによる出会い系サイトや、SNSによるいじめ等、未成年者がトラブルに巻き込まれるケースが多くなっております。

このような状況を憂慮し、デジタルアーツでは、講師派遣に加えて、保護者、教員、ネット指導員といった、指導的立場にある方々がご活用いただける最新のネットリテラシー及びフィルタリングの仕組みについて学ぶ学習資料を、2015年1月より無料でダウンロードできるページを開設いたしました。

今回、新たに追加する資料は、講演先からご要望の多かった、ゲーム機でのフィルタリングについてまとめた「ゲーム機でのインターネット利用とフィルタリングについて」と、動画視聴アプリの利用時にご家庭で気をつけていただきたいことについてまとめた「スマホにひそむ危険(9) 動画視聴アプリでの不適切な動画の表示」の2点です。

「ゲーム機でのインターネット利用とフィルタリングについて」では、ゲーム機からWi-Fiを使ってインターネットにアクセスできること自体をご存知ない方もいらっしゃることから、ゲーム機でのインターネット利用における危険についての基本的なことから、その対策としてゲーム機で使えるフィルタリングについてまとめました。「スマホにひそむ危険(9) 動画視聴アプリでの不適切な動画の表示」では、動画視聴アプリは未成年者の利用率も高く、人気のあるアプリですが、配信される動画の中には未成年者には不適切なものも存在していることを説明いたしました。アプリにある制限機能やフィルタリングを活用することで、未成年者に不適切な動画の視聴を防ぐことができるので、注意喚起として新たに資料を追加いたしました。

「スマホにひそむ危険(9) 動画視聴アプリでの不適切な動画の表示」より

「スマホにひそむ危険(9) 動画視聴アプリでの不適切な動画の表示」より

追加した資料は、「学習資料ダウンロード」のページにお客様情報をご入力いただくだけで、どなたでも何種類でもダウンロードいただけます。セミナーや勉強会のテーマやターゲットに合わせて、未成年者に向けてのネットリテラシー教育授業にはもちろん、教職員、保護者向けの研修会にもお使いいただけます。また、資料ダウンロードいただいた方を対象に、ご希望者にはネットリテラシー教育の参考情報をメールで定期的にお届けしております。

デジタルアーツでは、未成年者が安心・安全な環境でスマートフォンやインターネット接続端末を利活用できるよう、スマートフォンの最新事情に合わせたフィルタリングの重要性を保護者や指導的立場にある皆さまにわかりやすい内容でご説明差し上げるとともに、未成年者の皆様には自分たちで考えながら、上手にネットリテラシーを活用できる力を身につけてもらえるよう、引き続き普及啓発活動に取り組んでまいります。

【「学習資料ダウンロード」のURL】

https://www.daj.jp/cs/filtering/materials/

新規追加資料

ゲーム機でのインターネット利用とフィルタリングについて
スマホにひそむ危険
  • (9) 動画視聴アプリでの不適切な動画の表示
    (※(1)~(8)は既に公開されており、シリーズのひとつとして新たに追加いたしました。)

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭および個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとしてメールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。