2018年のプレスリリース

2018年11月09日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツの「FinalCode®」がグランプリ受賞、
第12回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018
「ASP・SaaS部門 支援業務系分野」で表彰
~ファイルの完全な管理機能が高評価、手元を離れても追跡・削除が可能~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、取引先間のファイル送受信における機密情報漏洩対策「FinalCode」が、ファイルが手元を離れた後でも管理し続けることが可能な「リモートファイル削除機能」などが評価され、第12回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018の「ASP・SaaS部門 支援業務系分野」において、グランプリを受賞したことを発表いたします。

デジタルアーツの「FinalCode®」がグランプリ受賞 グランプリ受賞式
(写真左:河合輝欣ASPIC会長
 同右:デジタルアーツ 取締役 開発部部長 松本卓也)

ASPIC IoT・AI・クラウドアワードは、特定非営利活動法人 ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム(ASPIC)が、国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスなどを表彰し、サービス事業者およびユーザー企業・団体の事業発展・拡大を積極的に支援する目的で、2006年に設立されました。

「FinalCode」は「ASP・SaaS部門 支援業務系分野」において、選考対象となったサービスのうち、最も優秀であるとの高い評価を得て、このたびグランプリを獲得いたしました。

「FinalCode」はファイルを閲覧できるユーザーや期間を完全に制限できるため、仮にファイルが流出しても情報は漏洩しません。さらに、いつでもリモートで権限変更や一括削除が可能であり、ファイルが手元を離れた後の管理までも実現します。ユーザーは自社の重要な情報財産を強固に守れるだけでなく、ファイル管理にかかっていた手間や時間からも解放されるため、導入企業のビジネス加速に大きく貢献いたします。単なる暗号化にとどまらない革新的なソリューションであることが、今回の結果につながりました。

デジタルアーツは今後もサイバー攻撃や内部からの情報漏洩対策として、ファイルのトレーサビリティや送ったファイルを後から消せる「FinalCode」の製品機能を強化し、より多くの企業における業務効率の向上と重要・機密ファイルの安全性の確保に貢献してまいります。

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」について

 http://www.aspicjapan.org/event/award/12/index.html

ASPIC公式サイト

 http://www.aspicjapan.org

以上

「FinalCode」について
「FinalCode」はファイル暗号化・追跡ソリューション(ファイル暗号化ソフト)です。ファイル単位で指定したユーザーやグループのみが閲覧できるように制限が可能なため、仮にファイルが流出しても中の情報は漏洩しません。また、いつでもリモートで権限変更や一括消去ができるため、ファイルが手元を離れた後でも管理し続けることが可能です。暗号化したままのファイルを社外でやり取りする際に、社外ユーザーは無料で利用できるため、費用面でも導入しやすいソリューションとして評価されています。自社の重要な情報資産を社内から社外までボーダーレスにコントロールすることができる「FinalCode」は、様々な情報漏洩リスクにさらされる企業・組織に安心を提供します。
https://www.finalcode.com/jp/
デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
インターネットの黎明期であった1998年に初めて国産のWebフィルタリングソフトを世に送り出した先駆者であり、これまでの知見をもとに、情報漏洩対策や標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃対策を実現する、最先端の情報セキュリティ製品を提供しています。
国産メーカーの強みを生かして、製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行っており、プロダクトの根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力は、高い評価を得ております。契約更新率95%以上という実績は、顧客満足度が高い証左です。
国内シェアの50%以上を占めるWebセキュリティソフト「i-FILTER」を中心に、個人・家庭向けの「i-フィルター」、メールセキュリティソフト「m-FILTER」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」などの製品を揃えており、ワンストップでWebやメール、ファイルのセキュリティ対策を実現できます。
「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」という理念のもと、デジタルアーツは全てのステークホルダーの皆さまに信頼される東証一部上場企業として成長を続けています。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、ActiveRatingSystem、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cache、
    NET FILTER、White Web、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、
    i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Dアラート、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標または登録商標です。
  • ※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。