2006年のトピックス

2006年02月09日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ子会社のアイキュエス
フィルタリングソフト「サイバーシッター5」2月17日店頭販売開始

デジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)の子会社である、フィルタリングソフトメーカーの株式会社アイキュエス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下アイキュエス)は、家庭向けフィルタリングソフトの販売を2月17日より大手家電量販店にて開始します。

「サイバーシッター5(サイバーシッターファイブ)」
サイバーシッター5(サイバーシッターファイブ)

このたび販売を開始する製品は、「サイバーシッター5(サイバーシッターファイブ)」です。同製品は、これまで主に、代理店を通じた販売と自社サイトからのダウンロード販売にて行っていましたが、昨今のWebフィルタリングソフト需要の高まりを受けて、販売活動を強化することになりました。家電量販店という販売チャネルを活用することで、これまでに接点の無かったお客様にアイキュエスのフィルタリングソフトを訴求できるようになります。

急速なインターネット利用の拡大に伴い、インターネット上に氾濫する有害情報の影響が懸念されています。特に、学校や家庭では、大人の知らない間に子どもたちが過激な情報に接してしまったり、犯罪に巻き込まれたりする恐れがあることから、政府が対策に乗り出すなど※、対応が急務になっています。「サイバーシッター5」は、こうしたインターネット利用時の課題を解決するために開発された、スタンドアロン型のWebフィルタリングソフトです。インストール時にパスワードを入力するだけでフィルタリングが稼動する仕組みであるため、パソコン操作が苦手な方にも簡単に設定することができます。

本製品の機能の中で、特に学校において活用されている機能として、ブロックしたいフレーズや表示させたくないアドレスを登録して"空白化"できる機能が挙げられます。フィルタリングジャンルのカスタマイズや個人情報のガードなど、今日のインターネット利用時に欠かせない機能が多数盛り込まれています。「サイバーシッター5」の製品概要は下記の通りです。

アイキュエスでは、今後も親会社であるデジタルアーツ株式会社と連携し、「分かりやすく使いやすい製品」の開発に力を注いでまいります。

「サイバーシッター5」製品概要

  • 製品紹介:アイキュエス「サイバーシッター5」製品詳細
  • 標準価格:5,880円(税込)
  • 主な機能
    • 有害情報シャットアウト
      有害情報を保有するURLに基づき、しっかりとフィルタリングします。
      33のフィルタリングカテゴリについて、チェックボックスをクリックするだけで設定できます。
    • 個人情報のガード
      重要な個人情報(氏名やカード番号など)の漏えいを防止する機能が搭載されています。
    • インターネット利用制限
      利用時間を設定することで、使いすぎや不正利用を制限できます。
    • インターネットの履歴管理
      利用時間を設定することで、使いすぎや不正利用を制限できます。
    • 最新データベースに自動更新
      3層のブロック処理で、出来たばかりの新しいサイトをブロックします。 初年度1年分は、無料で最新のフィルタ・ファイルがダウンロードできる仕組みです。
    • 簡単インストール
      閲覧履歴(ログ)を参照して、どのページにアクセスしたかを一覧できます。

アイキュエスについて

アイキュエスは、フィルタリングソフトメーカーのデジタルアーツの100%子会社です。家庭向けのパッケージ製品「サイバーシッター」のほか、学校や官公庁向けのサーバ型製品「アドガード」、プロバイダ経由のWebフィルタリングソフト「親子ネット」というラインナップで、お客様のニーズにお応えしています。

株式会社アイキュエスのホームページ(http://www.iqs-j.com/)

このページの先頭へ