2012年のトピックス

2012年06月20日
デジタルアーツ株式会社

事例から見る!!標的型攻撃・スマートデバイスへのセキュリティセミナー
~複雑化する環境の中、今後求められる管理体制のポイントを事例を交えてご紹介~

昨今、企業のセキュリティ対策は標的型サイバー攻撃への対策やスマートデバイスの管理などを中心に従来の画一的な管理体制では対応できなくなり、その様相は複雑化しています。

本セミナーでは国内の有力セキュリティベンダーが集結し、外部攻撃への対策から内部の情報漏えい対策まで、今後求められる最新のセキュリティ対策をご紹介します。

当セミナーへのご参加を希望される方は、下記URLよりお申し込みください。

開催概要

セミナー日時 【名古屋会場】2012年7月19日(木)14時00分~16時50分 (受付開始: 13時30分)
【大阪会場】 2012年7月20日(金)14時00分~16時50分 (受付開始: 13時30分)
会場 【名古屋会場】キャッスルプラザホテル 孔雀の間 北
       (〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-3-25)
【大阪会場】 梅田阪急ビル オフィスタワー26階 会議室1~3
       (〒530-0017 大阪市北区角田町8-1)
主催 エムオーテックス株式会社・NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
株式会社フォティーンフォティ技術研究所・デジタルアーツ株式会社
定員 【名古屋会場】80名 【大阪会場】110名
参加費 無料(事前登録制)
スケジュール 13:30~14:00 受付
14:00~14:50 Session1 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
14:50~15:20 Session2 株式会社フォティーンフォティ技術研究所
15:20~15:35 休憩
15:35~16:05 Session3 エムオーテックス株式会社
16:05~16:35 Session4 デジタルアーツ株式会社
16:35~16:50 質疑応答

プログラム

Session1:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
タイトル 標的型攻撃の実態とROIを意識した効果的防御手法
講演概要 標的型攻撃は、防御側に被害実態の認識をさせない可能性を秘めていると同時に、真の標的を狙うための予備的攻撃も含め、あらゆる組織がその脅威にさらされています。現状では決め手となる対策がなく、被害報告も後を絶ちません。
本セッションでは、標的型攻撃の手口をデモを交えながら解説するとともに、効果の高い対策を中心にご紹介します。
講師 MSS事業二部 木村 尚亮 氏
Session2:株式会社フォティーンフォティ技術研究所
タイトル セキュリティモデルから見るプラットフォームの堅牢性
~ iOSからAndroid、そしてWindows Phoneへ ~
講演概要 iOS/Android/Windows Phoneと言った主要なプラットフォームが出揃い、プライベートは勿論、業務を含めた生活全体に浸透し始めています。一見して似ているように見える三者ですが、実のところセキュリティモデルは大きく異なります。
本セッションではプラットフォーム毎のセキュリティモデルを踏まえて、対策のポイントをご紹介します。
講師 技術戦略室 川原 一郎 氏
Session3:エムオーテックス株式会社
タイトル LanScopeが実現する、PC・スマートフォンの効果的な操作ログ管理とは?
講演概要 現在のIT管理はデバイスの多様化により、管理対象がPCだけではなくなり複雑化しております。
本セッションでは、今後変化していく環境に対してどのようなIT管理が必要か、PC・スマートフォンの操作ログ管理を切り口にご紹介します。
講師 営業部 五十嵐 智博 氏
Session4:デジタルアーツ株式会社
タイトル フィルタリング技術を核に実現する最新のセキュリティ対策とは?
講演概要 標的型攻撃はその性質上極めて対応が困難ですが、効果的な対策となりうるi-FILTERが持つ出口対策機能を、昨今急激に普及しその対策が必須となったスマートデバイスに必要なWebセキュリティと共に、最新の事例を交えてご紹介します。
講師 名古屋会場 :所長 畠中 幸一
大阪会場 :所長 宮本 正輝

このページの先頭へ