2013年のトピックス

2013年01月01日
デジタルアーツ株式会社

新年のご挨拶

より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は、企業の機密情報搾取を狙った標的型サイバー攻撃が多発し、ホームページの改ざんや機密情報の流出といった被害の実態を通じて、改めて、情報漏洩対策の重要性を考えさせられました。そして、スマートフォンが急速に普及する一方、スマートフォンを狙ったマルウェアも次々に見つかり、企業の端末だけでなく、個人が所有するスマートフォンにおけるセキュリティ対策の必要性も認識させられた1年でした。

そのような状況の中、あらゆるネット上のセキュリティ対策に対応すべく、企業向けの製品及び家庭向け製品のラインナップを強化して参りました。

企業向けの製品として、情報漏洩対策に有効な出口対策機能を搭載した「i-FILTER」、メール送信後に添付したファイルを後から追跡・削除ができる機能を搭載した「m-FILTER」、スマートデバイス用Webフィルタリングサービス 「i-FILTER ブラウザー」、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」の機能強化、パスワードレスのファイル暗号化ソリューション「FinalCode」を提供いたしました。

また、未成年者のスマートフォンにおけるフィルタリング対策が法令対応となったことから、家庭向けの製品として特にスマートフォン用「i-フィルター」の販売促進に力を入れてまいりました。

昨年を振り返ると様々な情報セキュリティ製品を創造し提供することができ、多くの皆様に弊社製品の魅力をアピールできた年であったように思います。これもひとえに皆様方のご支援・ご愛顧のたまものと心より感謝しております。

本年、さらに企業および家庭におけるスマートデバイスの本格的な普及に対応するため「クラウド&モバイル」をテーマに掲げ、既存製品のクラウド化やモバイル向けの新たな製品の開発に注力してまいります。

昨年に引き続き、皆様に喜ばれる製品を提供し続けてまいりますので、どうぞご期待ください。
本年も、倍旧のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

デジタルアーツ株式会社
代表取締役社長 道具 登志夫

このページの先頭へ