2016年のトピックス

2016年06月15日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ パートナー総会2016を開催

デジタルアーツは6月3日(金)に販売パートナー様を対象としたパートナー総会をコンラッド東京にて行い、今後の製品戦略・製品ロードマップや、販売戦略などをご説明いたしました。

はじめに、弊社代表の道具登志夫より、前期の振り返りと、今期の販売戦略について発表いたしました。今期は、前期に引き続きアライアンスを推進するとともに、大型案件獲得の為の社内体制を整え、エンドユーザーのセキュリティ課題発掘の為に、子会社・デジタルアーツコンサルティング株式会社を設立し、また、海外展開におきましても、世界的に拡大するIRM市場で「FinalCode」のプレゼンスを高めていくことを説明いたしました。

その後、「BUSINESS PARTNER AWARDS 2016」では、2015年度のデジタルアーツの売り上げにおいて多大なご貢献をいただきました販売パートナー様に、日ごろの感謝の気持ちと皆様の努力と苦労を称え、「プロダクトアワード」と題した賞を、選ばれた6社様に授与いたしました。その他にも、各地域の売り上げに貢献いただいた販売パートナー様に「エリアアワード」、最も大きな案件を獲得いただいた販売パートナー様に「ビッグディールアワード」等を贈らせていただきました。

続いて、取締役 CTO 高橋 則行から、今期の製品ロードマップを発表いたしました。外部からの攻撃対策だけでなく、内部のセキュリティ対策の重要性と、「Web」、「メール」、「ファイル」を守るデジタルアーツの情報漏洩対策ソリューションについて説明いたしました。

最後の基調講演では脳科学者の茂木健一郎氏にご登壇いただき、「脳とAI(人工知能) ~人は何を磨くべきなのか?~」と題して講演していただきました。

デジタルアーツは、今後も日ごろお世話になっております販売パートナーの皆様との連携を一層強化し、エンドユーザー様の求めるセキュリティ環境の実現に貢献してまいります。

※表彰企業様はこちらをご覧ください。
 https://www.daj.jp/partner/award/2016/

前期振り返りと今期概要を発表する 弊社代表取締役社長 道具 登志夫 製品ロードマップと今後の製品開発計画を発表する 弊社取締役CTO 高橋 則行
前期振り返りと今期概要を発表する
弊社代表取締役社長 道具 登志夫
製品ロードマップと今後の製品開発計画を発表する
弊社取締役CTO 高橋 則行

このページの先頭へ