2022年01月18日
デジタルアーツ株式会社

メール経由のランサムウェア攻撃に対する対策をご紹介
~狙われているのは大企業だけではない~

今やランサムウェアによる攻撃は世界的に猛威を振るっており、日本でも民間企業、自治体など、事業内容や組織規模を問わず被害が拡大しています。

医療機関のランサムウェア被害も相次ぎ、医療行為に甚大な影響があったことから、厚生労働省は電子カルテなどのバックアップデータを、病院のネットワークから切り離して独立保管することなどを示す新たな指針を設けると発表、病院でのランサムウェア対策が公的に実施される見通しです。

ランサムウェア攻撃対策は必須に

このようにランサムウェア被害が深刻化している中、様々な公的機関やセキュリティ事業会社などからその対策が示されていますが、既に対策の検討はお済みでしょうか。

今回デジタルアーツでは、ランサムウェア攻撃についてわかりやすく解説するとともに、その主要な手口の一つである、メール経由のランサムウェア攻撃に対する対策を、ホワイトペーパーでご紹介します。

ランサムウェア攻撃は組織的な犯罪と化しており、官民問わず大規模組織から小さな個人商店まで、被害に遭っています。
この機会にしっかりとランサムウェア攻撃に対する対策をご検討いただくことをお勧めします。

【ホワイトペーパー目次】
・昨今ランサムウェアの被害が深刻化
・ランサムウェアとは?
・狙われているのは大企業だけではない
・攻撃の傾向
・デジタルアーツ製品のランサムウェア対策
・ランサムウェア対策①感染させない
・ランサムウェア対策②データを漏洩させない

詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。