2022年05月09日
デジタルアーツ株式会社

セキュリティご担当者様必見!
セキュアWebゲートウェイで未知の脅威に対策を
~増え続けるサイバー攻撃に企業はどう対処すべきか~

テレワークが普及し、クラウド利用が増加したことで、企業の情報資産を狙うサイバー攻撃が増加しています。特に、個人情報などを窃取するEmotetや、企業の情報資産を盗み出して身代金を要求するランサムウェアなど、マルウェアに感染させる攻撃が巧妙化しており、被害を拡げています。

このように巧妙化するサイバー攻撃など未知の脅威は増え続け、このようなリスクを回避するには、複雑なセキュリティ対策が必要なのでしょうか?

こうした中、多くのテレワーク実施企業が採用しているのが、セキュアWebゲートウェイです。セキュアWebゲートウェイは、Webフィルタリングやアンチウイルス、サンドボックスなど、複数のWebセキュリティ機能を兼ね備えた、ゲートウェイ(ネットワークの中継地点)のことです。昨今では、サイバー攻撃など未知の脅威への対処や、リスク管理の観点からも有効なWebセキュリティ対策とされています。

ホワイトペーパーでは、セキュリティ対策として重要となる、未知の脅威に対する対策と、セキュアWebゲートウェイ導入のメリットなどについて解説しています。

ぜひご覧いただき、Webセキュリティ対策にご活用ください!

【ホワイトペーパー目次】
・外部攻撃による情報漏洩のリスクが増している
・未知の脅威は防げないのか
・未知の脅威に有効なセキュアWebゲートウェイ
・なぜ未知の脅威に強いのか
・導入する企業は多数
・導入のメリットは?
・デジタルアーツのセキュアWebゲートウェイ(1)未知の脅威対策
・デジタルアーツのセキュアWebゲートウェイ(2)マルウェア対策
・デジタルアーツのセキュアWebゲートウェイ(3)リスク管理


詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。