2020年12月10日
デジタルアーツ株式会社

「i-FILTER@Cloud」 が 文部科学省のGIGAスクール構想における推奨OSすべてでPOST制御を実現
~生徒のいじめを助長する書き込みや写真のアップロードを制御~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、Webセキュリティ製品「i-FILTER@Cloud」において、文部科学省のGIGAスクール構想での推奨OSであるWindows / iOS 端末に加え、Chromebook端末でもPOSTフィルター / POSTログ機能を新機能として実現し、12月10日より配信開始することを発表します。

教育現場で利用ニーズが高いChromebookでもPOST制御を実現

文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に加え、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う休校措置の長期化も伴って、学校における1人1台端末環境整備は加速しています。こうした中デジタルアーツでは、安全かつ効率的・発展的な学習環境を実現するWebセキュリティ製品「i-FILTER」を、教育現場でのGIGAスクール構想対応に向けた特別ラインアップでご提供しております(「i-FILTER」GIGAスクール版)。

従来「i-FILTER」は、オンプレミス版(「i-FILTER」Ver.10)とクラウド版(「i-FILTER@Cloud」)ともに、Windows端末・iOS端末で利用する場合、児童・生徒が裏掲示板やSNSサイトへの書き込み、端末搭載のカメラで撮影した写真のアップロードを制御するPOST制御機能をご利用いただくことができましたが、Chromebook端末で利用する場合は対応しておりませんでした。
今回このPOST制御を、「i-FILTER@Cloud」をChromebook端末でご利用いただく場合でも実現しました。教育現場では設定・運用がシンプルで、導入や運用のコスト削減が可能となるChromebookの導入が進んでいます。これにより、児童・生徒が端末を私的に利用し、学習に関係のない使い方やいじめなどへの発展を防ぐPOST制御による対策を、文部科学省GIGAスクール構想で推奨するOSすべてにおいてご利用いただくことが可能です。

■ 「i-FILTER」GIGAスクール版は安心・安全な学習環境をご提供する機能を特別ラインアップでご用意しております
 ▶GIGAスクール構想応援キャンペーン 特設サイト

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。