2021年03月02日
デジタルアーツ株式会社

今さら聞けない「PPAP」のセキュリティリスク
情報漏洩・最新のマルウェアにも対応する“脱PPAP”のセキュリティ対策とは

メールでZIP暗号化ファイルを送信し、後からパスワードをメールで別送する方法「PPAP」。
これまでビジネスシーンで利用が推進されてきましたが、さまざまなセキュリティリスクを孕んでおり、昨今運用が見直され始めています。

「PPAP」はなぜセキュリティリスクが高いのか?
必要な対策は、実は「送信時」と「受信時」の両方にある!?

パスワード付きZIPファイルに替わる、効率的かつ安全なファイルの送受信方法“脱PPAP”対策についてホワイトペーパーでご説明いたします。
ぜひご覧いただき、セキュリティ強化にご活用ください!

【ホワイトペーパー目次】
 ・PPAPとは?
 ・PPAPのセキュリティリスクが高い理由
 ・PPAP運用見直しのすすめ
 ・“脱PPAP”対策①受信対策
 ・“脱PPAP”対策②送信対策

詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、FinalCode、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、DアラートおよびDコンテンツ、その他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。