2021年07月01日
デジタルアーツ株式会社

セキュリティご担当者様必見!
止まらない情報流出にどう対策する?
~インシデント要因の8割はWebアクセスとメール テレワークで備えるべきセキュリティ対策とは~

テレワークの導入は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で急速に進みましたが、同時に企業・組織による情報漏洩インシデントも急増しました。

こうしたテレワークの環境下で、情報漏洩が起きてしまう要因は何なのでしょうか?デジタルアーツが独自に調査した結果、インシデントの要因の8割以上がWebアクセスとメールに起因した外部攻撃であることがわかりました。

テレワーク下のインシデント要因とセキュリティ対策について解説するホワイトペーパーを公開

昨今よくニュースで耳にする不正アクセスなどによる情報漏洩や、テレワーク環境で発生するインシデント要因と解決策について、ホワイトペーパーでご紹介しています。
ぜひご覧いただき、テレワーク時のセキュリティ対策にご活用ください!

【ホワイトペーパー目次】
・後を絶たない組織の情報流出インシデント…
・テレワークの環境
・インシデントの多くは外部攻撃、しかもWebとメールに起因
・外部攻撃①フィッシングメール
・外部攻撃②マルウェア感染
・外部攻撃③不正アクセスによる情報流出
・ここだけは押さえたい3つのセキュリティ対策
 ①Webセキュリティ対策 ②メールセキュリティ対策 ③ファイルセキュリティ対策

詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。