2022年11月29日
デジタルアーツ株式会社

増え続ける内部不正…対策方法とおすすめのファイルセキュリティをご紹介! 「FinalCode」ブログ更新

「FinalCode」ブログを更新しました。

近年、従業員や退職者による機密情報の持ち出しが増え続けており、9月末にはとある飲食チェーン店の元役員による転職先への機密情報の持ち出しが話題となりました。
今回のブログでは、国産セキュリティメーカー「デジタルアーツ」の製品担当者が

1.内部不正の現状と具体的な対策方法について
2.内部不正に効果的なファイルセキュリティ「FinalCode」

について解説いたします。
詳細はぜひ、「FinalCode」ブログをご覧ください。
ブログはこちらからご覧ください!

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Dアラート発信レポートサービス、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Dアラート発信レポートサービス、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。