2014年のプレスリリース

2014年05月13日
デジタルアーツ株式会社

クラウドメール対応と海外利用の言語カバー率を強化した
企業・官公庁向けメールセキュリティ「m-FILTER®」Ver.4、
5月29日より提供開始
~「クリプト便」との連係で100MBまでの大容量メールの送信が可能に~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、メール誤送信対策や保存メールの高速検索に有効な企業・官公庁向けメールセキュリティの「m-FILTER(エムフィルター)」Ver.4を5月29日に提供開始いたします。

「m-FILTER」は、自動化でメール送受信者への負担がなく、さらに多層防御で確実な誤送信対策(メールセキュリティ)・監査などでもリアルタイムかつ瞬時に検索可能なメール保存と管理(メールアーカイブ)・業界最高水準の検知率による迷惑メールの徹底排除(アンチスパム)という、非常事態にも的確に対応し最上級の安心感を実現する電子メールセキュリティです。

この度のアップデートでは、企業のメールがOffice 365やGmail等のクラウドメールに移行する流れの中、「m-FILTER」とクラウドメールあるいは社内メールサーバー、メールクライアントとの連係においてSSL通信対応によりセキュアに運用することが可能になります。「m-FILTER」は従来通り社内で運用することも可能ですが、プライベートクラウド上へ導入することで運用負担を軽減することができます。また、クラウドメールの標準機能では不十分なセキュリティ対策も、「m-FILTER」と連係することで、送信ディレイや添付ファイルパスワードロックによる誤送信対策や、社内外メールの一括アーカイブなどで解決することができます。

「m-FILTER」のクラウドメールにおけるSSL通信対応のイメージ
「m-FILTER」のクラウドメールにおけるSSL通信対応のイメージ

また、ビジネスにおけるグローバル化が今後、一層進むことから、英語の他、中国語、ロシア語、アラビア語、韓国語等、言語カバー率の高いUTF-8で表記されたメールで検索・表示・ルール判定も出来るようになります。

この他、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:増谷 洋、以下 NRIセキュア)が提供する安全かつ確実に実現するファイル交換サービス「クリプト便※1」と連係し、添付ファイルサイズの容量制限により送受信を拒否されたり、わざわざ大容量の添付ファイルを分割したりすることなく、簡単かつ安全に100メガバイトまでの大容量ファイルを送信することが可能になります。

今後、クラウド化が進むことで、海外とのビジネスにおけるメールの送受信において、より一層、情報漏洩対策や誤送信対策が必須となってまいります。デジタルアーツでは、メールセキュリティの誤送信対策、アーカイブ、スパムメール対策におけるお客様からのニーズに対応すべく、「m-FILTER」ファミリーの機能強化をしてまいります。

  • ※1 クリプト便:
    インターネットを介した電子ファイルのやり取りを、情報セキュリティベンダであるNRIセキュアの高度なセキュリティ技術によって、安全かつ確実に実現するファイル交換サービスです。
    詳細はhttp://www.nri-secure.co.jp/service/crypto/index.htmlを参照ください。

以上

「m-FILTER」について
「m-FILTER」は、情報漏洩防止・内部統制・スパムメール対策といった解決したい課題・ご要望に合った機能構成を選択していただける企業・官公庁向けの電子メールセキュリティソフトです。電子メールの誤送信対策を自動化し負担を軽減できる「m-FILTERMailFilter」、リアルタイムかつ瞬時に電子メールの全文保存と検索を可能にする「m-FILTER Archive」、業界最高水準の検知率によりスパムメールを徹底排除できる「m-FILTER Anti-Spam」の3つの機能を提供しています。さらに送信者自身が簡単に誤送信のチェックが可能な「m-FILTER MailAdviser」と組み合わせると、多層化により誤送信を確実に防止できます。
https://www.daj.jp/bs/mf/
デジタルアーツ株式会社について
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」を提供する他、企業向けとして電子メールフィルタリングソフト「m-FILTER」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイルセキュリティソリューション「FinalCode」を提供しています。
  • ※ クリプト便は、株式会社野村総合研究所の登録商標です。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER/i-FILTER EndPoint Controller、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCodeは、株式会社アイキュエスの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。