導入実績No.1のメールセキュリティ「m-FILTER」~セキュリティを意識することのない安全な業務環境をメールで

安全なメールセキュリティの新定番「ホワイト運用」とは

メールのホワイト運用を可能にするDBの提供

ホワイト運用
&
偽装判定

ホワイト運用と偽装判定により、安全が確認されたメールのみを受信

「m-FILTER」のDBは、安全な送信元の「IPアドレス」、「メールドメイン」を格納しています。DBに登録されている安全な送信元からのメールは受信し、登録されていない送信元からのメールは危険な可能性があるため偽装判定を行い、安全なメールだけを受信します。

  1. * ただし、添付ファイル拡張子が「*.doc」、「*.xls」でマクロが含有されている場合、または「*.doc」でRTF形式の場合、乗っ取りの可能性が高いためDBに存在する送信元からのメールでも強制的に隔離します
ホワイト運用&偽装判定による安心・安全な業務下院今日
ホワイト運用図

メールのホワイト運用に不可欠な高網羅率のDB

クラウド
ルックアップ

DBのルックアップと再配信で、高い網羅率を維持

外部から受信したメールは、クラウド上のデータベースへ通知されます。通知された情報をデジタルアーツで精査し、安全な発信元IPアドレス、ドメインの組み合わせの情報をローカルDBとして再配信することでDBの網羅率を維持しています。

DBのルックアップと再配信で、高い網羅率を維持する仕組み

メールによる外部からの攻撃対策(外部攻撃対策)特許取得済

外部からの攻撃メールは「送信元」、「本文」、「添付ファイル」を偽装し、マルウェアなどに感染させます。
「m-FILTER」ではこれらの対策を高度な技術で行います。

MailFilter 01.「送信元」の強固な対策

攻撃メールの多くは送信元を偽って送付し、受信者を安心させてマルウェアに感染させる手法を使ってきます。「m-FILTER」Ver.5では 複数の送信元偽装の判定を行い攻撃メール をブロックします。

  1. ※ 「m-FILTER EdgeMTA」は「m-FILTER」本体とは別に設置いただく必要があります

送信元偽装判定

01-1.デジタルアーツだけができる送信元をホワイト運用

ホワイト運用

安全な送信元のIPアドレスとドメインの組み合わせを利用し、該当した送信元のメールを受信させる 全く新しい送信元偽装判定を提供します。

ホワイト運用

01-2.SPF / DKIM / DMARCに対応

m-FILTER EdgeMTA

国内で普及し始めている「SPF/DKIM」認証とそれを補強する「DMARC」に対応 し、巧妙な送信元偽装によるメール攻撃にも対応します。

m-FILTER EdgeMTA

01-3.独自技術で、社内LAN環境での「SPF認証」が可能に

Smart 送信元偽装

通常、DMZ上で判定する「SPF認証」も、デジタルアーツの独自技術で 社内LAN環境でも可能になります。

Smart 送信元偽装

MailFilter 02.「本文内URL」の強固な対策

本文内のURLをクリックさせマルウェアに感染させる攻撃は「人の目」をかいくぐる様々な手法を使ってきます。「m-FILTER」Ver.5では、 URLクラウドルックアップなどの対策で攻撃メールをブロックします。

  1. ※ 「m-FILTER EdgeMTA」は「m-FILTER」本体とは別に設置いただく必要があります

本文偽装判定

02-1.メール本文に記載されたURLの良性 or 悪性を判定

URLのリダイレクト先判定

通常、DMZ上で判定する「SPF認証」も、デジタルアーツの独自技術で社内LAN環境でも可能になります。

ホワイト運用

02-2.「i-FILTER」のDBに問い合わせ、
危険なURLが記載されたメールをブロック

メール内URLカテゴリ判定

メールの本文と添付ファイル内のURLを「i-FILTER」Ver.10に問い合わせます。もしも URLが「有害カテゴリ」・「未カテゴリ」の場合は、メール自体をブロックします。

  1. ※ URLのリダイレクト判定を行った上でカテゴリを取得します
m-FILTER EdgeMTA
そのほか、さまざまな本文偽装判定

マルウェアの特徴を、 ダウンロードさせようとする危険なURL・本文の書き方により判定します。

m-FILTER EdgeMTA

MailFilter 03.「添付ファイル」の強固な対策

添付ファイルのマクロを実行させ、マルウェアに感染させる攻撃は多く存在します。「m-FILTER」Ver.5では、 危険な添付ファイル付きメールを確実にブロックします。

添付ファイル偽装

03-1.旧型式のマクロ付きのWord / Excelをブロック

旧型式マクロブロック機能

危険なメールの多くは古い形式のマクロ付きWordやExcelを添付して攻撃してきます。「m-FILTER」Ver.5であれば、 古い形式のマクロ付きWord/Excelを確実にブロックします。

旧型式マクロブロック機能

03-2.添付ファイルの拡張子、フォーマットを検査

添付ファイル偽装判定

マルウェア本体を添付する攻撃メールはもちろん、 マルウェアをダウンロードするマクロ付きファイルの添付も逃さずにブロックします。

添付ファイル偽装判定

03-3.パスワード付きZIPファイルも強制的に検査

ZIPパスワードロックファイルの判定

パスワード付きZIPファイルを利用する企業が多いことを逆手にとり、 偽装したパスワード付きZIPファイルを送付し、マルウェアに感染させるような攻撃メールにも対応できます。

ZIPパスワードロックファイルの判定

メール無害化

04.メールの危険因子を全て無害化

メール無害化

「添付ファイルマクロ除去」、「添付ファイル削除」、「HTML/リッチテキストメールのテキスト化」、「リンク無効化」、「メールリダイレクト(二重配送)」でマルウェア感染の疑いを排除して受信できます。 「m-FILTER Archive」をご利用いただくとメール原本の取得が可能です。

  1. ※ ネットワーク分離環境にも適用可能です
ZIPパスワードロックファイルの判定

05.マルウェア感染の疑いのあるメールをセキュアな状態で受信

マクロ除去

添付ファイルによるマルウェア感染で利用されやすいOfficeファイル等の「マクロ」、「スクリプト」を除去しセキュアな状態でメール受信することができます。

マクロ除去

誤送信対策

06.誤送信や内部不正に対応したフィルタリングルールを作成したい

柔軟なルール設定

「宛先」「差出人」「本分」「添付ファイル」を条件としたフィルタリングルールを作成でき、 「添付ファイル自動暗号化」、「送信ディレイ」、「上長承認」、「Bcc強制変換」、「上長アドレス強制追加」など様々なメール送信制御を実施できます。

添付ファイル自動暗号化

特定条件を作成し、条件に合致したメールのみ、 添付ファイルを自動でパスワード付きZIPファイルに変換して送信できます。

送信ディレイ(時間差送信)

一定期間、メールを滞留させます。 誤送信などの場合に滞留中であれば送信を取り消すことがもできます。

上長承認

特定のキーワード(例:「見積もり」など)がある場合など外部へ送信時にワークフロー形式での上長承認が必要な際に、 管理者が確認するまでメールを保留させることができます。

強制Bcc化送信

多数の宛先、複数のドメインが宛先にある場合に、To、CcをBccに強制的に変換してメールを送信することが可能です。
宛先数だけではなく、外部アドレスが宛先に含まれる場合など、条件を柔軟に設定できます。

メールアーカイブ

07.即座にメールを抽出できる多彩な検索条件

メールアーカイブ検索

差出人・宛先・本文だけでなく、添付ファイル内容や該当したルールでの検索が可能 で、監査などの運用にマッチしたメール検索を実現します。

  1. ※搭載されている問題は、日本の企業・団体のITリテラシー・セキュリティ向上と教育の普及に従事されている下記の団体から提供いただきました
TIPS
多彩な検索条件
宛先 / 件名 / 本文 / 添付ファイル名 / 添付ファイル内 / 添付ファイルハッシュ値 / ヘッダー / グループID / グループ名 / 該当ルールセット / 該当ルール / 該当フィルター条件 / m-FILTERメールID / 差出人 / 宛先(Toヘッダー・Cヘッダー) / Bcc
マイナンバーが含まれるメールの検索・削除

利用を終えたマイナンバー※1は廃棄・削除することがガイドライン※2で定められていますが、「m-FILTER」※3ではメール本文や件名、添付ファイル名、添付ファイル内からマイナンバーの可能性のある文字列を検索※4し、ユーザーの判断でメールを削除することが可能です。

  1. ※1 所管法令において定められている保存期間を経過したマイナンバー ※2 個人情報保護委員会のガイドライン ※3 「m-FILTER」Ver.4.8以降対応 ※4 マイナンバーの認識にはチェックデジットを使用

スパムメール対策

08.高い確度でスパムを検知したい

メールアーカイブ検索

1日あたり380億通のサンプルデータから生成され、業界最高水準のスパム検知率を誇るCloudmark社のスパム判定エンジンを採用。 類似製品と比較し高い検知率を誇ります。

  1. ※ 2013年7月〜2014年3月 当社ハニーポット収集サンプルによる比較

09.「スパム扱い」を個別に設定

スパム判定個人管理

特定のメールを「スパム扱いにするかどうか」を社員が個別に設定 でき、柔軟な管理と利用者のユーザビリティを同時に実現することができます。

オプション

Optionm-FILTERFinalCode Adapter Advanced

FinalCode連携

添付ファイル暗号化をよりセキュアに

「m-FILTER」と「FinalCode」の連携により、メール送信時には添付ファイルが自動的にパスワードレスの独自暗号化された状態で送信されます。この場合、閲覧権限のある受信者にしかファイルの閲覧ができません。また、送信したファイルのリモート削除も可能です。

  1. ※ 別途「FinalCode」が必要となります

MailFilter Option m-FILTER FileZen Adapter

セグメントをまたぐファイル授受を便利に

「m-FILTER」と「FileZen」※の連携により添付ファイルを自動で「FileZen」に送信しセグメントをまたぐ環境へのファイル授受を簡単に実現します。

  1. ※ 株式会社ソリトンシステムズが提供するセキュアファイル・データ転送アプライアンス。別途「FileZen」が必要となります

MailFilter Option クリプト便 for m-FILTER

メールを使ったセキュアな、かつ便利なファイル転送

「m-FILTER MailFilter」と、「クリプト便 for m-FILTER」を連携させることで、自動的に添付ファイル付きのメールを「メール本文」と「添付ファイル」に分離します。メール本文はそのまま送信し、添付ファイルは「クリプト便 for m-FILTER」にアップロードしたうえで、ファイルが取得できるURLを受信者に通知します。

  1. ※ NRIセキュアテクノロジーズ株式会社が提供するセキュアファイル転送サービス。別途「クリプト便 for m-FILTER」が必要となります
  1. ※ 導入実績No.1のメールセキュリティ:出典: 株式会社ミック経済研究所「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2019(Web&メールセキュリティ編)」電子メールフィルタリング・アーカイブツール市場の出荷本数(社数)(2018年度)(2019年8月発行)

“情報漏洩につながるリスク”が多数潜んでいる勤務先でのメール誤送信。
メール誤送信の実態調査の結果と具体的な対策をまとめました。

資料のダウンロード(勤務先におけるメール誤送信の実態調査)
  • お電話でのお問合せ 03-5220-3090 平日 9:00〜18:00 ※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

イベント・セミナー情報

セキュリティ全般
教職員向け情報リテラシー授業<児童・生徒をネットトラブルから守る編>
2020年9月30日(水)
m-FILTER
Microsoft 365における課題を「m-FILTER@Cloud」のメールセキュリティ対策と構成例で紹介
2020年9月30日(水)
FinalCode
「サプライチェーン攻撃」対策を、安価かつ堅牢に実現するには?
~取引先からの情報漏洩を防ぐ究極のファイルセキュリティ~

2020年10月6日(火)
セキュリティ全般
デジタルアーツのソリューションで解決する次期自治体セキュリティ・自治体強靭化の対策とは
2020年10月6日(火)
i-FILTER
≪ゼロからはじめるGIGAスクール構想≫
GIGAスクール構想時代のWebセキュリティ(入門編)

2020年10月7日(水)
FinalCode
製造メーカー様必見!
ゼロトラスト時代における機密文書セキュリティの在り方とは?

2020年10月13日(火)
i-FILTER
【スペシャル対談】安全なテレワーク時代を迎えるために
2020年10月20日(火)
i-FILTER
GIGAスクール構想時代のWebセキュリティ【導入事例 + 設定方法デモ編】
2020年10月21日(水)
i-FILTER
再度活性化し始めたEmotet、これまでの傾向との違いや対策方法とは?
2020年10月23日(金)
i-FILTER
GIGAスクール構想時代のWebセキュリティ【キッティング・導入編】
2020年10月27日(火)
m-FILTER
「m-FILTER」の疑問を解決!
~デジタルアーツに何でも聞ける、匿名チャットを使った会話形式オンラインセミナー~

2020年10月27日(火)
セキュリティ全般
これからどうなる?企業のサイバーセキュリティ最前線!
~事例で解説、Zero Trust x Playbook Firstの新常態~

2020年10月28日(水)
セキュリティ全般
<教職員向け>オンライン情報リテラシー授業「校務におけるセキュリティ対策」
2020年10月30日(金)
i-FILTER
「A10 Connect 2020」デジタルアーツxA10~常時SSL時代のセキュリティ対策とは~
2019年9月23日(水)~10月31日(土)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く