導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

導入実績No.1のメールセキュリティ「m-FILTER」

内部からの情報漏洩対策と外部からの攻撃メール対策を一つの製品で解決

外部からの攻撃メールは日々巧妙になってきており、リテラシー教育だけでは判別がつかない状況になってきております。「m-FILTER」では巧妙な攻撃メールをホワイトリストDBを始め「送信元」「本文」「添付ファイル」を判断しリテラシー依存の対策から解放します。メール無害化もできるため危険度の高いメールについては安全な状態で受信することも可能です。

また、メールは「人」が送信することが大半を占めるため「間違い」「ミス」から避けることができません。
「m-FILTER」では「社外送信時のみ一定期間保留する」「添付ファイルの自動暗号化」「上長承認」など多彩なルールを設定でき確実に「誤送信対策」を実現します。

さらに、送受信直後リアルタイムにメールを保存し、高速検索でき監査などの対応可能な「メールアーカイブ機能」、業界最高水準の検知率を誇るCloudmark社のスパム判定エンジンを採用し、迷惑メールを徹底排除できる「スパムメール対策機能」を搭載した外部からの攻撃対策も内部からの情報漏洩対策も監査にも対応したメールセキュリティです。

標的型攻撃対策「i-FILTER」×「m-FILTER」

社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐ
セキュリティ「i-FILTER」×「m-FILTER」

No.1セキュリティの「i-FILTER」と「m-FILTER」が、さらにパワーアップ。安全と効率を両立させる、豊富な機能を実装しました。

イマドキのWeb利用に対処したい

「m-FILTER」をクラウドで利用

DigitalArts@Cloudならサーバー不要、3ステップで運用が開始できます。

  1. ※ 導入実績No.1のメールセキュリティ:出典: 株式会社ミック経済研究所「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2019(Web&メールセキュリティ編)」電子メールフィルタリング・アーカイブツール市場の出荷本数(社数)(2018年度)(2019年8月発行)/ IDC Japan, 2019年6月「国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策」(JPJ44004818)

Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題。
課題を解決する方法をまとめました。

資料のダウンロード(Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題を解決する方法)
導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く