2020年のプレスリリース

2020年03月23日
デジタルアーツ株式会社

安心・安全な学習環境をご提供する「i-FILTER®」 GIGAスクール構想を受け、特別ラインアップで提供開始

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、2019年12月に文部科学省が発表した「GIGAスクール構想」を受け、教育現場に安心・安全な学習環境を提供すべく、セキュリティ製品「i-FILTER」を特別ラインアップで2020年4月1日から提供開始します。

学校ICT環境整備に向けたGIGAスクール構想では、1人1台の学習用端末整備と高速大容量の通信ネットワーク整備を、令和5年度までに実現することとなっています。デジタルアーツでは、学校現場における端末保有台数増加により、教育機関が標的型攻撃の対象となることが危惧されるため、これまで以上のセキュリティ対策の検討が必要と考えております。

「i-FILTER」は、学習用端末のセキュリティ対策として、有害情報の閲覧を制限するフィルタリングに加え、情報資産を狙う標的型攻撃の脅威も防ぐ「ホワイトリスト運用」を採用しており、多くの教育機関にご利用いただいております。

今回は、「GIGAスクール構想」実現に向けた特別ラインアップとして、子どもが自殺サイト等危険な情報にアクセスした場合アラートでお知らせする「i-FILTER 子ども見守りシステム」をはじめとした、教育現場を支援する付随サービスを無償でご提供いたします。
		

「i-FILTER」特別ラインアップの概要

安心・安全な学習環境をご提供するセキュリティに加え、教育現場を支援する付随サービスを無償でご提供
有害情報対策+標的型攻撃対策「ホワイトリスト運用」により、強固なセキュリティ対策を実現
教育機関をサポートするコンテンツを無償でご提供
		

「i-FILTER 子ども見守りシステム」

生徒が端末から自殺サイト等へアクセスを試みると、「i-FILTER」でブロックすると同時に指定された教職員及び警報装置へメール通知するアラート機能です。子どもたちの救難信号を製品機能でいち早く発見する「見守り警報」として、教職員の皆様にご活用いただけます。

学校向け情報提供サービス「Dコンテンツ」

URL情報データベースを基に、全国の小中高校で利用頻度の高い学習アプリなどを人気ランキング順にご提供いたします。

サイバーリスク情報サービス「Dアラート」

Webセキュリティ製品「i-FILTER」を利用して、マルウェア感染情報等をお知らせするサービスです。

教育機関向けの特別価格をご用意

本ラインアップを特別価格にてご提供いたします。

オンプレミス版
「i-FILTER」Ver.10 GIGAスクール版
「i-FILTER」for D-SPA Ver.4 GIGAスクール版
標準価格から最大 63%OFF※1
クラウド版※2
「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版

150円 / 月 / 1ユーザー様
  1. ※1 「i-FILTER」Ver.10 GIGAスクール版4000-4999ライセンスの場合の割引率となります。割引率は契約ライセンス数によって異なります。
  2. ※2 一部オンプレミス版と機能差があります。詳細はお問い合わせください。

乗換・移行も支援

弊社製品間の乗換時及び他社製品から弊社製品への移行時の費用を、既存製品の契約ライセンス数×300円×残存契約年数分の割引を適用いたします。

ネットワーク構成とOS

オンプレミス版とクラウド版それぞれ、校内LAN/センター集約/LTE いずれの構成でも各OS(Windows、iOS、ChromebookOS)に対応します。

GIGAスクール構想応援キャンペーン 特設サイト

https://www.daj.jp/GIGA/

デジタルアーツは、今後ますます脅威となる外部からの標的型攻撃や内部からの情報漏洩における防御・対応ソリューションについて、Web、メール、ファイルなどあらゆる情報資産の観点から、より迅速に広範囲に開発・提供し、これからもインターネット社会に対して安心と安全を実現すべく、更なる製品満足度向上を目指してまいります。

以上

「i-FILTER」について
「i-FILTER」は、標的型攻撃をはじめとした外部からの攻撃対策と、組織内部からの情報漏洩対策の両方を1つの製品で実現する、プロキシ型のWebセキュリティソフトです。国内におけるWebフィルタリングソフトのベンダー別売上金額シェアにおいてNo.1を獲得しました(出典:ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2020」URLフィルタリング市場:ベンダー別売上金額シェア(2017~2018年度)(2020年2月発行))。業界最大級のWebフィルタリングデータベースに基づいて、未登録のURLを悪性URLと判定し、Web経由の標的型攻撃をブロックする安全なWebの世界を実現します。また、業務中の閲覧が不適切なWebサイトのアクセスブロックや、Webメールの利用や掲示板の書き込みなどといった、Web経由の情報漏洩を防ぐとともに、その内容を記録・確認・保存することが可能なため、内部統制対策としても有効なソリューションです。
https://www.daj.jp/bs/i-filter/
デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
インターネットの黎明期であった1998年に初めて国産のWebフィルタリングソフトを世に送り出した先駆者であり、これまでの知見をもとに、情報漏洩対策や標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃対策を実現する、最先端の情報セキュリティ製品を提供しています。国産メーカーの強みを生かして、製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行っており、プロダクトの根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力は、高い評価を得ております。契約更新率95%以上という実績は、顧客満足度が高い証左です。Webセキュリティソフト「i-FILTER」を中心に、個人・家庭向けの「i-フィルター」、メールセキュリティソフト「m-FILTER」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」などの製品を揃えており、ワンストップでWebやメール、ファイルのセキュリティ対策を実現できます。
「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」という理念のもと、デジタルアーツは全てのステークホルダーの皆さまに信頼される東証一部上場企業として成長を続けています。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、Active Rating System、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cache、NET FILTER、White Web、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Chat@Cloud、Dアラート、Dコンテンツ、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標または登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。