2022年08月31日
デジタルアーツ株式会社

子どもの自殺が最も多い夏休み明け、デジタルアーツのネットいじめ対策をご紹介

毎年夏休みが明ける9月1日は、児童生徒の自殺が1年間で最も多い日とされています※1。
学校でいじめに遭っていたり、学業や進路の不安を抱えていたりする生徒が、夏休み明けという環境変化によって大きなストレスを抱えることが、自殺に影響していると考えられます。

文部科学省の調査によりますと、2020年度に小・中・高校から報告のあった自殺した児童生徒の数は415人で、前年度の317人から大幅に増え、調査開始以降、最多となっていることがわかりました※2。ネットいじめも年々件数が増加しており、2014年に7,898件だったネットいじめは、2020年には18,870件と過去最多となっています。

特に、18歳以下の自殺は、学校の長期休業明けにかけて増加する傾向があるため、このような時期における彼らの変化を把握し、児童生徒への見守りの強化や、児童生徒向けの相談や講演等の対応を集中的に行うことが効果的だと考えられます※3。

デジタルアーツでは、Webフィルタリング製品「i-FILTER」の「見守りフィルター」機能を提供しています。「見守りフィルター」は、児童生徒が学校貸与の端末で自殺関連のサイトへアクセスを試みたり、いじめにつながるような誹謗中傷の投稿を試みたりしたときに、それらのアクションをブロックし、教職員へ通知します。児童生徒の命を守るために、ぜひご活用ください。

▶「i-FILTER」見守りフィルター機能

さらに、デジタルアーツでは、ご依頼いただいた学校や地域に訪問し、ネットいじめなどのインターネットトラブルの危険性と対策方法を紹介する「情報リテラシー授業」を行っております。ぜひあわせてご活用いただけますと幸いです。

▶情報リテラシー授業


※1 内閣府 「平成27年版自殺対策白書」
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10226202_po_1-2-4.pdf?contentNo=18&alternativeNo=

※2 文部科学省「令和2年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」
https://www.mext.go.jp/content/20201015-mext_jidou02-100002753_01.pdf

※3 文部科学省「18歳以下の日別自殺者数」
https://www.mext.go.jp/content/20200824-mext_jidou01-000009294_011.pdf

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。