機能紹介

Webアクセスを制御

「i-FILTER」のDBは、これまでの「ブロック対象となりうるURLをカテゴリ分類する方式」から、「あらゆるURL をカテゴリ分類する方式」に変更しました。

組織のポリシーに即してフィルタリング

アクセスの許可/不許可などを組織運用ルールに合わせて制御することができます。

Webサービスをグループ単位で機能ごとに制御

SNSの閲覧は全従業員OKだが、書き込みは広報部だけにしたいなどWebサービスの機能ごとに柔軟な設定が可能です。

柔軟にポリシー設定できるアクセス制限

ポリシーの階層化はもちろん、曜日・時間別のコントロールも可能です。

個人用アカウント利用制限

GmailやBoxのように、業務用IDと個人用IDが分かれているサービスでは、個人用アカウントを利用制限し、私的利用を防ぐことが可能です。

Webアクセスを制御

Webアクセスのログを管理

POST内容をまるごと保存

POSTメソッドを判別して、専用のログにPOST内容をまるごと残すことができるため、書き込みの内容やアップロードされたファイルを、あとから確認することが可能です。

豊富なレポートテンプレート

日本語による分かりやすい利用状況レポートを活用することで、業務上の情報漏洩リスクを的確に把握し、対策立案を促進します。

特許取得済み

SIEM製品とも柔軟に連携可能なカスタムログフォーマット

SIEM製品と連携して相関分析が可能です。SIEM製品に合わせてログフォーマットをカスタマイズしたり、グループごとにフォーマットを変更することも可能です。

SSL通信に隠れた攻撃も可視化

最近増加しているSSL通信を利用した攻撃も可視化。また、長時間SSLデコードなしで張りっぱなしのHTTPSセッションを強制切断することも可能です。

Webアクセスのログを管理
標的型攻撃対策「i-FILTER」×「m-FILTER」

社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐ
セキュリティ「i-FILTER」×「m-FILTER」

No.1セキュリティの「i-FILTER」と「m-FILTER」が、さらにパワーアップ。安全と効率を両立させる、豊富な機能を実装しました。

  1. ※ 導入実績No.1のWebセキュリティ:出典:株式会社富士キメラ総研「2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」Webフィルタリングツール市場占有率(2018年度)(2019年10月発行)

勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査の結果をまとめた資料をご用意しました。

資料のダウンロード(勤務先における
標的型攻撃の意識・実態調査)
  • お電話でのお問合せ 03-5220-3090 平日 9:00〜18:00 ※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く