Ver.8 以下をご利用のお客様

ご利用バージョン別の移行方法

2018年9月30日に「i-FILTER」Ver.8のサポート期間が終了しました。
Ver.8以下のバージョンをご利用のお客様には、Webセキュリティのさらなる強化のためにVer.10へのバージョンアップをお勧めします。 「i-FILTER」 Ver.8以前から、Ver.9またはVer.10へのバージョンアップをご希望のお客様のうち、「i-FILTER SSL Adapter」、「i-FILTER Log Search」のいずれもご購入いただいていないお客様は下記の差額表をご確認ください。

  • ※「i-FILTER」Ver.10 GIGAスクール版へのバージョンアップは無償です。詳細はこちら
  1. 「i-FILTER」Ver.8 以下差額表
2018年10月1日以降に「i-FILTER」Ver.8を使い続けるとこんな危険性が…
標的型攻撃による情報漏洩
標的型攻撃による情報漏洩

標的型攻撃などの複合型の高度な脅威の増加に伴い、情報漏洩対策が強く求められるようになっています。

シャドーITによる情報漏洩
シャドーITによる情報漏洩

情シス担当の把握が困難な“シャドーIT”と呼ばれるWebサービスの業務利用が増加し、誤操作などによる情報漏洩リスクが高まっています。

セキュリティパッチの提供終了
セキュリティパッチの提供終了

サポート終了に伴い、最新のセキュリティパッチの提供が終了となるため、最新の脆弱性に対応できなくなります。

「i-FILTER」Ver.10へのバージョンアップをお勧めします!!
ブラックリスト方式ではなく
ホワイトリスト方式のDBを
実現
「FireEye」と「i-FILTER」が連携、即時的な標的型攻撃対策を実現

人が辿りつけるURLを「i-FILTER」Ver.10はすべて把握し、それ以外を悪性URLとして排除した「安全なWebの世界」を 実現します。

シャドーITからの情報漏洩を
防ぐWebサービス制御機能
シャドーITからの情報漏洩を防ぐWebサービス制御機能

「i-FILTER」Ver.10では、SNSやオンラインストレージなど情報漏洩リスクで整理された約2,000のWebサービスの機能を制御し、強固な情報漏洩対策を実現できます。

いつでも最新の
セキュリティパッチをご提供
いつでも最新のセキュリティパッチをご提供

最新バージョンである「i-FILTER」Ver.10をご利用いただけば、最新のセキュリティパッチを早急にご提供しているため、最新の脆弱性に対応できます。

「i-FILTER」Ver.10へのバージョンアップについて

「i-FILTER」Ver.10は、Webの進化に合わせ発展しています。Webセキュリティのさらなる強化のためにVer.10へのバージョンアップをぜひご検討ください。

Webの進化に合わせ発展していく「i-FILTER」
Webの進化に合わせ発展していく「i-FILTER」

スムーズな移行を支援します。

従来バージョンからVer.10へスムーズに移行が可能です。「i-FILTER」を従来からご利用中のお客様には、3つのバージョンアップ特典をご用意しています。詳細は下記、バージョンアップご案内のブローシャをご確認ください。

  1. バージョンアップご案内のブローシャ
ご利用バージョン別の移行方法
  1. ※ 導入実績No.1のWebセキュリティ:出典:株式会社富士キメラ総研「2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」Webフィルタリングツール市場占有率(2018年度)(2019年10月発行)

NISTが定義する「インシデントレスポンス」の4つのステップに則って、
マルウェア感染(の可能性)がある際の対処手順をご紹介します。

【インシデントレスポンス】4つのフェーズとそれを支援する具体的な仕組み ~これからのセキュリティ対策「インシデントレスポンス」をわかりやすく解説~
  • お電話でのお問合せ 03-5220-3090 平日 9:00〜18:00 ※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く