標的型メール攻撃対策「m-FILTER MailFilter(メールフィルター)」

外部からの攻撃メール対策

何度も進化を繰り返してきたマルウェア「Emotet」を始め多くのマルウェアに感染させるような外部からのメール攻撃は後を絶ちません。
外部からのメール攻撃は巧妙な手口を使って我々のもとに届けられ日々マルウェア感染による被害が取りざたされています。

こういった、外部からのメール攻撃に「m-FILTER」は「ホワイトリストDB」を始め様々な機能により対策を実現します。

主な標的型メール攻撃対策機能

「m-FILTER」の標的型メール攻撃対策

標的型メール攻撃は「送信元」「本文」「添付ファイル」を検査することであぶりだせます。

「m-FILTER」では送信元は、安全なメール発信元のIPアドレスとドメインの組み合わせをホワイトリストDBとして配信し安全なメールだけを受信できる仕組みを始め多くの判定技術で検査できます。

本文は、メールに記載されたURLの記述方法を始め短縮URLなどのリダイレクトさせるようなURLはデジタルアーツのクラウドサーバーで検査し判定することが可能です。

添付ファイルは、危険拡張子、ファイルタイプ、マクロ含有などを判定し日本のメール文化を熟知した攻撃者が用いるZIPパスワードロックしたファイルも確実に判定できる仕組みも用意しております。

偽装レベルが高いメールの配送時にメール無害化
POP3で受信した場合でも偽装メールの隔離が可能

添付ファイルの無害化

添付ファイルに対しては、添付ファイルを削除し本文のみを受信する無害化だけでなく添付ファイルの「マクロ除去」まで可能です。隔離されたメールは「マクロ除去」を実施した上で配送する運用も実現可能です。

「自治体情報セキュリティ対策抜本的強化案」に対応

HTMLメールをテキストメールに変換

HTMLメールをテキスト化することで、HTMLメール受信時のリスクを回避できます。
HTMLメールには任意のスクリプトを仕掛けることが可能なため、個人情報漏洩やワーム感染の入口となるリスクが存在しますが、「m-FILTER」はリッチテキストも含むHTMLメールをテキストメール化することで、このようなリスク回避を実現します。

HTMLメールをテキストメールに変換

ついうっかりクリックしそうになる
メール本文中のURLリンクを無効化

受信者側メーラー設定(ハイパーリンク設定)に関わらずメール本文中のURLリンクを、URLの先頭文字hを削除することで無効化します。

ついうっかりクリックしそうになるメール本文中のURLリンクを無効化

1通の受信メールを、一方は未処理、もう一方は無害化処理
メール振り分けで添付ファイル確認も

メールリダイレクト機能を利用すれば、無害化をしないメール原本と、無害化したい複製したメールを、それぞれ別のメールアドレスに同時に配送することが可能です。
この場合、「m-FILTER」では、無害化をしないメール原本をアーカイブすることもできます(「m-FILTER Archive」が必要) 。組織内で“ネットワーク分離”を行っている環境で、利便性が向上します。

1通の受信メールを、一方は未処理、もう一方は無害化処理。メール振り分けで添付ファイル確認も。

オプション製品

より強固なメール誤送信対策を実現するためのオプション製品もご用意しています。

m-FILTER File Scan(ファイルスキャン)
m-FILTER MailFilter / m-FILTER Archive オプション無償
m-FILTER File Scan(ファイルスキャン)
添付ファイル内の文字条件による送受信制御と保存メール検索が可能になります。
  1. ※ 2018年7月2日以降「m-FILTER」Ver.5を新規ご購入いただいたお客様は当オプションを「標準搭載」として提供いたします。
メール無害化オプション
m-FILTER MailFilter オプション無償
メール無害化オプション
マルウェアを含む全ての添付ファイルをユーザーが受信する前に除外し、攻撃を無害化します。
「クリプト便 for m-FILTER」との連携(m-FILTER クリプト便 Adapter)
m-FILTER MailFilter オプション有償
「クリプト便 for m-FILTER」との連携
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社が提供するセキュアファイル転送/ファイル送信サービス「クリプト便 for m-FILTER」と連携できます。
「FinalCode」との連携(m-FILTER FinalCode Adapter)
m-FILTER MailFilter オプション有償
「FinalCode」との連携
送信した添付ファイルを“あとから”消すことができます。従来のパスワードロックに代わる、より高度な添付ファイルのセキュリティを実現します。
  1. ※ 導入実績No.1のメールセキュリティ:出典: 株式会社ミック経済研究所「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2019(Web&メールセキュリティ編)」電子メールフィルタリング・アーカイブツール市場の出荷本数(社数)(2018年度)(2019年8月発行)/ IDC Japan, 2019年6月「国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策」(JPJ44004818)

Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題。
課題を解決する方法をまとめました。

資料のダウンロード(Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題を解決する方法)
  • お電話でのお問合せ 03-5220-3090 平日 9:00〜18:00 ※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く