2015年のプレスリリース

2015年04月14日
デジタルアーツ株式会社

Office 365やGmail利用時にWebブラウザーで誤送信対策が可能な
「m-FILTER® MailAdviser」(Webメール版)を5月中旬より提供開始

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、企業・官公庁向けのクライアント型メール誤送信対策ソリューション「m-FILTER MailAdviser(エムフィルター メールアドバイザー)」において、Webブラウザー利用時のメール誤送信防止に対応した「Webメール版」を5月中旬より提供開始いたします。

昨今、急速に社内システムのクラウド化が進行し、クラウドサービスを利用している企業の割合は28.2%で、そのうち、Office 365やGmail等の「電子メール」のクラウドサービスを利用している割合は「ファイル保管・データ共有」に次ぐ40.2%です。(※1) クラウドサービスの浸透により、今後、さらに「電子メール」のクラウドサービスへの移行が見込まれることから、企業もメーラー利用時のメール誤送信対策に加えて、Webブラウザー利用時のメール誤送信対策も必要となってまいります。

企業のメールがOffice 365やGmail等のクラウドメールに移行する流れの中、「m-FILTER MailAdviser」は、Outlookなど主要なメーラーに対応した「メーラー版」に加え、このたび、クライアント型ソフトウェアとしてOffice 365やGmailといったWebブラウザーでのメール利用時にも対応した「Webメール版」を業界で初めて(※2)、提供いたします。

メール送信者がメール送信ボタンを押した直後に見やすいポップアップ画面が起動され、その場でメールの宛先や本文、添付ファイル内容などに間違いがないかのチェック作業を促すことで、メール誤送信を防止するクライアント型ソフトウェアです。メール送信前に「うっかり誤送信」をしないよう、送信者に“気付き”を与えることで、従業員の誤送信防止意識向上にも役立ち、幅広いシーンでご活用いただけます。

「m-FILTER MailAdviser」のポップアップイメージ

「m-FILTER MailAdviser」のポップアップイメージ

「m-FILTER MailAdviser」は、パソコン単体で動作するため、導入時に既存のネットワークやシステムの設定・変更は必要なく、従業員のパソコンにインストールすればご利用いただけます。また、管理者用GUIツールを利用すれば、誤送信防止ルールを部門ごとに一括で作成・変更できるので、管理者の導入工数の負担が軽減されます。

今後、クラウド化が進むことで、海外とのビジネスにおけるメールの送受信において、より一層、情報漏洩対策や誤送信対策が必須となってまいります。デジタルアーツでは、メールセキュリティの誤送信対策、アーカイブ、スパムメール対策におけるお客様からのニーズに対応すべく、「m-FILTER」ファミリーの機能強化をしてまいります。

「m-FILTER MailAdviser」(Webメール版)のティザーサイト
https://www.daj.jp/bs/ma/new/

※1 出典:総務省「平成24年通信利用動向調査」
※2 業界で初めて:デジタルアーツ自社調べ。

以上

「m-FILTER MailAdviser」ついて
「m-FILTER MailAdviser」は、「m-FILTER」よりも手軽に誤送信対策を始められたい企業・官公庁様向けの、クライアント型誤送信対策ソフトです。「m-FILTER MailAdviser」は送信者自身がメール送信時に誤送信チェックを可能にし、従業員の誤送信防止意識の向上に役立ちます。
https://www.daj.jp/bs/ma/
「m-FILTER」ついて
「m-FILTER」は、電子メールによる情報漏洩・監査要求・年々増加するスパムメールといった課題に対応した、企業・官公庁向けのゲートウェイ型電子メールセキュリティソフトです。
社内外宛先別の時間差配送や、添付ファイル自動暗号化・上長承認等の多彩な誤送信対策を標準機能で実現する「m-FILTER MailFilter」、リアルタイムに添付ファイルを含めたメールを保存し高速検索で運用負荷を軽減する「m-FILTER Archive」、業界最高水準の検知率であるCloudmark社スパムエンジンによりスパムメールを徹底排除する「m-FILTER Anti-Spam」の3つの機能を提供しています。これらの3つの機能から解決したい課題に合わせ機能を選択し、柔軟な組み合わせで導入頂くことも、3つの機能全てを導入頂くことも可能です。
https://www.daj.jp/bs/mf/
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭および個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとして電子メールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER/i-FILTER EndPoint Controller、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCodeは、株式会社アイキュエスの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。