2020年のプレスリリース

2020年08月20日
デジタルアーツ株式会社

兵庫県芦屋市教育委員会が
コロナ禍におけるオンライン学習体制緊急整備のため
「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版を導入
― 学校と家庭で変わらない端末の利用環境で格差のない学びを実現 ―

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、兵庫県芦屋市教育委員会(教育長:福岡 憲助)のコロナ禍におけるオンライン学習体制緊急整備のため、Webセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版が採用されましたことを発表します。

文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」への対応に加え、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、Withコロナ時代の学びを構築していく上で、オンライン学習環境整備が喫緊の課題となっています。

芦屋市は従来より「教育のまち芦屋」を掲げ、変化の激しい時代を子どもたちが生きていくため、自らの生き方を考える中で学びの意義を認識し、生涯学び続ける姿勢を身に付けることを重視することを理念としており、基礎的な学力や道徳性等に加え、情報教育や国際化に対応した教育、体育・スポーツ等の健康教育等を重点目標の一つとしています。こうした中で、未来を生きる子どもたちが、デジタルネイティブの要素を身に付けリテラシーを育んでいく上で、情報教育も重要な学習課題の一つとして考えられ、パソコンを用いた授業を実施してきました。しかし、今年3月に全国一斉休校措置が取られて以来、各家庭でのオンライン学習環境を整備するため、持ち帰り学習用の端末とネットワーク整備を実施しました。

打出教育文化センター

こうしたオンライン学習環境整備には、校外から端末を用いて安心・安全にインターネット接続できるセキュリティ対策も同時に整備することが重要となります。Webセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版は、クラウド環境で迅速かつ容易に導入が可能で、学習に関係の無い有害情報の閲覧を制限するフィルタリングに加え、情報資産を狙う外部攻撃の脅威も防ぐ「ホワイトリスト運用」を採用しております。柔軟なフィルタリングルールを管理者様が設定することで、通常は禁止されているインターネット上の動画閲覧を、文部科学省のYouTubeチャンネルや芦屋市が指定するデジタルコンテンツのみ許可するなど、特定の動画チャンネル・コンテンツを閲覧許可することが可能です。

■芦屋市教育委員会 学校教育部 打出教育文化センター 大林 亮様からのコメント

芦屋市では従来、小・中学校でノートパソコンを用いた情報教育を実施しておりました。しかし、コロナ禍での休校措置などもあり、緊急で対応が必要となったのは、在宅学習支援として家庭でのデジタルコンテンツ利用実施に向けて、インターネット接続環境のない家庭でも格差なく学習ができるようにすることです。このため、試験的に「生徒専用の端末がない」又は「インターネット接続環境のない」ご家庭に、市が端末とモバイルルーターを配布することとし、同時にセキュリティ面をカバーしつつ早急に導入が可能な製品として、校内ネットワークでも利用しているWebフィルタリング製品のクラウドサービスである「i-FILTER@Cloud」GIGAスクール版を選定させていただきました。児童・生徒たちは、この端末を用いて、文部科学省の学習支援コンテンツや、芦屋市が推奨するプリントドリル、動画等の学習用デジタルコンテンツで学習していますが、今まで学校で使っていた端末と変わらない使用感で使えていることと、管理者は校内ネットワークで利用しているWebフィルタリング製品と設定が同様のため、とても助かっています。

今後はGIGAスクール構想に基づき、本格的にオンライン授業のための環境整備を進めていく予定です。

デジタルアーツの「i-FILTER」GIGAスクール版特別ラインアップ

■ 有害情報対策+標的型攻撃対策「ホワイトリスト運用」により、強固なセキュリティ対策を実現

■ 教育機関をサポートするコンテンツを無償でご提供

<「i-FILTER 子ども見守りシステム」>

生徒が端末から自殺サイト等へアクセスを試みると、「i-FILTER」でブロックすると同時に指定された教職員および警報装置へメール通知するアラート機能です。

<学校向け情報提供サービス「Dコンテンツ」>

URL情報データベースを基に、全国の小中高校で利用頻度の高い学習アプリなどを人気ランキング順にご提供いたします。

<サイバーリスク情報サービス「Dアラート」>

Webセキュリティ製品「i-FILTER」を利用して、マルウェア感染情報等をお知らせするサービスです。

GIGAスクール構想応援キャンペーン 特設サイト

以上

デジタルアーツについて
Web、メール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、Active Rating System、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cache、NET FILTER、White Web、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Chat@Cloud、Dアラート、Dコンテンツ、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標または登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。