導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

「m-FILTER」とは

内部からの情報漏洩対策と外部からの攻撃メール対策の両方を実現

内部からの情報漏洩対策
(誤送信対策)
外部からの攻撃メール対策
(標的型攻撃メール対策)
「m-FILTER」内部からの情報漏洩対策と外部からの攻撃メール対策の両方を実現

・添付ファイルパスワードロック
・送信ディレイ
・上長承認
・Bcc強制送信 など
 

・ホワイトリストDBによる送信元判定
・なりすましメール判定
・添付ファイルマクロ判定
・URLリンク偽装判定
・マクロ除去、メール無害化 など

「安全なメール」だけを受信する仕組み

Mail Detox - メールデトックス 特許出願中

「m-FILTER」が採用する「メールデトックス」は、受信したメールの「送信元」「本文」「添付ファイルの拡張子」の偽装判定の実施や、「本文」または「添付ファイル」内のURLを「i-FILTER」と連携してカテゴリ判定などを実施して、特定の閾値を超えたメールは標的型メールと見なして隔離する仕組みです。クライアント端末には隔離通知のみされるため、「安全なメール」だけを端末に受信します。

多彩な誤送信対策・漏洩対策で強固なセキュリティ

m-FILTER MailFilter

誤送信を事前発見できる、時間差配信

社内へのメールは即時送信とし、社外へのメールだけを一定時間保留にする「社内外時間差配送機能」によって、送信者本人や社内同報受信者が社外送信前に誤送信に気付くことができます。
誤送信発見後に保留中メール送信を取り消すことで、社外に誤送信メールを送るリスクを大幅に低減できます。

誤送信を事前発見できる、時間差配信

添付ファイルは“自動的”にパスワードロックして送信

ルールに該当したメールの添付ファイルを自動的にパスワード付きファイルへ変換し、パスワード通知を送信者に自動通知することが可能な「添付ファイル自動暗号化機能」により、万が一誤った宛先に添付ファイルを送信しても 情報漏洩を確実に防止できます。

添付ファイルは“自動的”にパスワードロックして送信

重要なメールは上長の承認後に送信

外部へのメール送信時、添付ファイルに任意の文字を含むケースのみ送信に上長承認を必須とするようなルールも簡単に作成できますので、内部からの情報漏洩リスクをより一層排除することが可能です。

重要なメールは上長の承認後に送信

マイナンバーが含まれるメールを検索・削除

利用を終えたマイナンバー※1は廃棄・削除することがガイドライン※2で定められていますが、「m-FILTER」※3ではメール本文や件名、添付ファイル名、添付ファイル内からマイナンバーの可能性のある文字列を検索※4し、ユーザーの判断でメールを削除することが可能です。

i-FILTER AV Adapter
※1 所管法令において定められている保存期間を経過したマイナンバー ※2 個人情報保護委員会のガイドライン
※3 「m-FILTER」Ver.4.8以降対応 ※4 マイナンバーの認識にはチェックデジットを使用

Bccの強制変換機能で、個人情報の外部漏洩を未然に防止

ToやCcに指定された宛先の数等を条件として、To、CcをBccに強制的に変換しメール送信が可能です。

上長のアドレスを強制追加

外部に送信する場合など、上長のアドレスを強制追加してメール送信が可能です。

標的型メール攻撃の入口対策

m-FILTER MailFilterm-FILTER Archive

標的型メール攻撃は添付ファイルによるものが9割以上であることから、ルールに該当したメールの添付ファイル自動削除するメール無害化機能を提供しています。民間企業はもちろん自治体でも安心なメール運用を実現します。

パスワード付きZIPファイルも強制的に検査特許出願中

業務に必要なファイルをメールに添付する際に、パスワード付きZIPファイルを利用する企業が多いことを逆手にとり、偽装したパスワード付きZIPファイルを送付し、受信者を安心させた上でマルウェアに感染させる巧妙なメール攻撃にも対応しております。

MailFilter

メール無害化

「添付ファイル削除」「添付ファイルマクロ除去」「HTML/リッチテキストメールのテキスト化」「リンク無効化」「メールリダイレクト(二重配送)」が可能でネットワーク分離環境にも適用可能です。
「m-FILTER Archive」をご利用であればメール原本を取得することが可能です。

m-FILTER メール無害化

メールを瞬時にアーカイブ&検索

m-FILTER Archive

保存メールは当日分も含めてリアルタイムに検索することができるため、平時の監査だけではなく、「情報漏洩インシデント発生時」の調査にも有効です。
特に、システム障害やPC盗難時、ログだけではなく必要なメールも素早く取り出すことで、迅速な対応を可能にします。

高速かつ詳細な保存メール検索機能

たとえば、1,000人規模の会社で3年分のメールを検索するのに必要な時間はわずか1秒と高速なうえ、メールの検索条件を詳細に設定でき、効率的なメール検索が可能です。また、複数ストレージへの一括検索や改竄検知も可能です。

i-FILTER AV Adapter
※ 当社内計測環境による

高圧縮でストレージを有効活用

高圧縮を実現する「m-FILTER Archive」のアーカイブデータは、類似製品で元のメールサイズの1.5倍から3倍のデータ保存領域を推奨しているのに対し、わずか1.1倍の容量で保存できます。

※ お客様環境、流通するメールの特性によって増減します。導入時におけるディスク容量については別途お問い合わせください

i-FILTER AV Adapter

Office 365/Gmailへの連携、変化する
クラウドプラットフォーム環境にも柔軟に対応

m-FILTER MailFilterm-FILTER Archive

保存メールは当日分も含めてリアルタイムに検索することができるため、平時の監査だけではなく、「情報漏洩インシデント発生時」の調査にも有効です。
特に、システム障害やPC盗難時、ログだけではなく必要なメールも素早く取り出すことで、迅速な対応を可能にします。

Office 365/Gmailの標準機能だけでは実現することのできない強固なセキュリティを提供します。
これらのクラウドメールとのSSLによるセキュアな通信も可能。さらに活用が広がる各種クラウド・プラットフォームへも柔軟に対応していきます。

  1. Microsoft Exchange Server 2007/2010/2013/2016およびMicrosoft Exchange Onlineに対応
  2. Gmailの社内外すべてメールのアーカイブに対応
Office 365/Gmailに求められるすべてのセキュリティニーズに対応

「Anti-Spam」スパムメール対策に

m-FILTER Anti-Spam

業界最高水準のスパム検知率

1日あたり380億通のサンプルデータから生成され、業界最高水準のスパム検知率を誇るCloudmark社のスパム判定エンジンを採用。類似製品と比較し高い検知率を誇ります。

i-FILTER AV Adapter
※ 2013年7月縲鰀2014年3月 当社ハニーポット収集サンプルによる比較

スパム判定メールの個人管理機能

特定のメールを「スパム扱いにするかどうか」を社員が個別に設定できるため、柔軟な管理と利用者のユーザビリティを同時に実現することができます。

i-FILTER AV Adapter

その他のメールセキュリティ機能

ルールを柔軟に設定してメール流通をコントロール

メール誤送信や内部不正などの情報漏洩に対応するため「宛先」「差出人」「本文」「添付ファイル」など様々な条件を組み合わせた多彩なフィルタリングルールを作成できます。

i-FILTER AV Adapter

多彩な構成パターンに対応

メール保存のみを目的とする場合は、「m-FILTER」をMTA-クライアント間に設置するだけでなく、メールを経由させずに終端装置として動作させることも可能です。

i-FILTER AV Adapter


“情報漏洩につながるリスク”が多数潜んでいる勤務先でのメール誤送信。
メール誤送信の実態調査の結果と具体的な対策をまとめました。

資料のダウンロード(勤務先におけるメール誤送信の実態調査)
導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く