導入事例

ご担当者様の声
「苦労したこと?工夫したこと?切り替えもスムーズで
本番稼働後も全く問題ないので、話すことないのですが…」
IT推進部 IT運用グループマネジャー 中原氏
広島ガス株式会社
広島ガス株式会社
1909年10月、日本で22番目、中国地方では初のガス事業者として創立。広島市を中心に、県内7市とその周辺地域の41万1,000戸の顧客に、化石燃料の中でもっとも環境負荷の小さい天然ガスを提供しています。現在、広島ガスグループのあるべき姿を描いた中期経営計画『広島ガスグループ 2030年ビジョン』を推進。「幸せにつながる感動発信」をスローガンに、ステークホルダーの笑顔と幸せにつながる未来を創造しています。
  • ガス業者

今後のネットワーク分離のあり方を検討し、
「i-FILTER」のバージョンアップへ

IT推進部 IT運用グループ 係長 河崎 賢二 氏
IT推進部
IT運用グループ 係長
河崎 賢二 氏

広島ガスでは、中期経営計画『広島ガスグループ2030年ビジョン』の基本戦略のひとつとして、『デジタル技術の活用による高付加価値の創造』を推進しています。具体的な取り組みとして、ICTの活用による生産性の向上や業務効率化の推進、技能伝承や人材育成などを含む新しい働き方を実践。また、人工知能(AI)やIoTなどの先進的なデジタル技術やスマートメーターを活用することで、顧客サービスの変革と魅力あるまちづくりへの貢献に取り組んでいます。

デジタル技術の活用の一環として、民間企業としては珍しい「ネットワーク分離」を、2017年より採用しています。ネットワーク分離は、情報系と基幹系を分離し、情報系のみインターネット接続を可能にすることで、基幹系をセキュアにする仕組みです。ネットワーク分離を採用した背景を、IT推進部 IT運用グループ 係長の河崎賢二氏は、次のように話します。

「2015年5月に日本年金機構がサイバー攻撃を受け、125万件の個人情報が漏洩した事件をきっかけに、広島ガスとしてどのようなセキュリティ対策が必要なのかを検討しました。検討の結果、ネットワーク分離が有効であるという結論に達しました。多層防御も導入していましたが、新しい脅威が発生したら、新しい防御を導入するという“いたちごっこ”の繰り返しだったことも、ネットワーク分離を採用した理由のひとつでした」

ネットワーク分離により、セキュアなIT環境を実現していましたが、課題もありました。IT推進部 IT運用グループマネジャーの中原奈緒美氏は、「ネットワーク分離は、メールの添付ファイルからウイルスに感染しても、基幹系に侵入できないので有効です。しかし、基幹系に添付ファイルの共有が必要な業務があり、その作業にひと手間かかるほか、基幹系に取り込む際にウイルスチェックに時間がかかるなど、利便性の低下が課題でした」と話します。

そこで、今後のネットワーク分離のあり方についての検討を開始。堅牢性が担保され、利便性の向上も可能なセキュリティ対策を実現するための取り組みの第1弾として、2000年ごろから導入しているWebセキュリティ製品「i-FILTER」のバージョアップを検討します。

世の中が「ホワイトリスト方式」の考え方になり始めていることは
知っていたものの、運用負荷の課題を懸念

IT推進部 IT運用グループマネジャー 中原 奈緒美 氏
IT推進部
IT運用グループマネジャー
中原 奈緒美 氏

一般的な方式として、セキュリティ製品には「ブラックリスト方式」と「ホワイトリスト方式」の考え方があります。「ブラックリスト方式」では、登録済みの既知の脅威には対応できますが、未知の脅威には対応できません。一方、「ホワイトリスト方式」では、登録済みの安全なウェブサイトにのみアクセスするため、未知の脅威の通信をブロックできます。

河崎氏は、「世の中が『ホワイトリスト方式』の考え方になり始めていることは知っていました。しかし『ホワイトリスト方式』はそのメンテナンスの運用負荷がかかります。『i-FILTER』の最新バージョンの紹介を受けた際に、『ホワイトリスト方式』になったと聞きましたが、話を良く聞いてみると、管理者が登録・メンテナンスをする従来の『ホワイトリスト方式』ではなく、デジタルアーツ社が安全なサイトを登録・メンテナンスしてくれる『ホワイトリスト方式のDB』(White Web)を提供してくれるということでした。この方式であれば、運用負荷の課題を気にせず、安全にインターネットにアクセスできると考えました。また、Webの堅牢性を『i-FILTER』が担保してくれるので、今後、ネットワーク分離を継続するか元に戻すのかを検討するうえでの検討材料のひとつになります」と話します。

本番稼働後の問い合わせ・ウイルス感染は0件。
今後は「m-FILTER」との連携で他社のセキュリティツールの削減に期待

「i-FILTER」のバージョンアップ作業は、2018年11月より評価、2019年1月より本格稼働を開始しました。「i-FILTER」の最新バージョンでは、DBに未登録のURLへのアクセスがあった場合にデジタルアーツに通知され、デジタルアーツにて解析後にDBにカテゴリ登録されます。

現在、広島ガスグループでは、約2,500台のPCを利用しています。中原氏は、「事前の評価の段階では未登録のURL(本来閲覧できるべき安全なWebサイトだが、アクセスがブロックされ閲覧できないWebサイト)が、1日あたり20~30件でした。そのURLは日々DB登録されていくため、自分達では特に何もしなくても未登録のURLはどんどん減っていきました。その経過を見て、Webサイトが閲覧できないと問い合わせがあった時に個別に対応するだけでよく、導入可能だと判断しました。『i-FILTER』の最新バージョンを本番稼働して約2ヶ月経ちますが、ユーザーからの問い合わせは0件です。また、『i-FILTER』のバージョンアップ前は、社員が不正メール内のURLを誤ってクリックしウイルスに感染してしまうことが2ヶ月に1件程度ありましたが、それも今のところありません。切り替えもスムーズで本番稼働後も全く問題なく、苦労も工夫も特になかったので、事例取材で何を話そうか悩みました」と話します。

河崎氏は、「バージョンアップ後、個別にホワイトリスト登録をすることがなくなり、運用がとても楽になりました。今後も、White Webの高い網羅性を引き続き維持していただくことを期待しています。また、それに加えて、メールの誤送信対策として導入している『m-FILTER』と『i-FILTER』を連携させ、メールの入口対策を実施することを検討していきたいと思っています。この連携で入口対策ができれば、現在導入している他社のセキュリティツールが不要になるので、運用のさらなる簡素化やコスト削減が期待できます」と話します。

また中原氏は、「デジタルアーツの担当者は、White Webでもし問題があれば柔軟に対応してくれると言ってくれましたが、現在まで何事もなく運用できており、White Webが実運用可能なレベルにあることを実感しています。今後も『i-FILTER』のサポートはもちろん、『m-FILTER』のより有効な使い方の提案をデジタルアーツには期待しています」と話します。

  1. 導入事例のPDFをダウンロード

ダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

「i-FILTER」の導入事例

導入事例のトップページに戻る

…次の3件

導入検討資料
「i-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

導入事例

  • 青山学院初等部 青山学院初等部
  • 広島ガス株式会社 広島ガス株式会社
  • 株式会社イノメディックス) 株式会社イノメディックス
  • 東京都市大学 等々力中学校・高等学校 東京都市大学 等々力中学校・高等学校
  • 矢崎総業株式会社 矢崎総業株式会社
製品紹介動画

イベント・セミナー情報

クラウドストレージ「Box」の活用術Box導入を成功に導くポイントを伝授

日程
2019年10月23日(水)
会場
JPタワー名古屋

「やってはイケナイ」をやってみよう 第3弾 in 大阪

日程
2019年10月29日(火)
会場
アットビジネスセンター PREMIUM 大阪駅前

Solution Forum 2019

日程
2019年11月19日(火)~20日(水)
会場
リコージャパン株式会社 浜離宮事業所

DIS ICT EXPO
ダイワボウ情報システムがお届けするICT機器総合展示会・イベント

日程
宮崎:2019年9月3日(火)
札幌:2019年9月10日(火)
金沢:2019年11月6日(水)
瀬戸内(山口):2019年11月19日(火)
関西:2020年1月29日(水)
名古屋:2020年2月14日(金)
会場
宮崎:JA・AZMホール
札幌:札幌コンベンションセンター
金沢:金沢流通会館
瀬戸内(山口):海峡メッセ下関
関西:グランフロント大阪
名古屋:ウインクあいち