「i-FILTER ブラウザー&クラウド」との併用

利用場所に応じたセキュリティポリシーの変更や
ログを一元化できます。

「i-FILTER」と「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を併用することで、社外で利用するスマートデバイスのフィルタリング設定やログの保存を一元化し、管理者の負担軽減を実現します。

また、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、端末にデータを残させないセキュアブラウザー機能も利用できるため、スマートデバイスからの業務情報の漏洩を防ぐことができます。

「i-FILTER Proxy Server」との併用

利用場所に応じてセキュリティポリシーが変更可能

建物の中では「i-FILTER Proxy Server」のルール、外では「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のルールでフィルタリング。利用場所に応じてセキュリティポリシーを変更することが可能です。

利用場所に応じてセキュリティポリシーが変更可能

フィルタリング設定はそれぞれで行い、
アクセスログだけを一元化することもできます。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の無料オプション製品「ARSログダウンローダー」をご利用いただくと、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のアクセスログを定期的に自動でダウンロードし、「i-FILTER」のログと一元化することができます。

  • ※「i-FILTER」Ver.8/Ver.9のログフォーマットに変更可能
  • ※「ARSログダウンローダー」はサポート情報サイトよりダウンロードすることができます。
フィルタリング設定はそれぞれで行い、ログだけを一元化することもできます。

ユーザーが社内外で利用する端末ごとにWebアクセスを可視化

業務に関係のないサイトへのアクセスが多い社員をランキング表示し、社内のPCからのアクセスなのか、社外でのスマートフォンからのアクセスなのかを一画面の中で簡単に特定することもできます。

ユーザーが社内外で利用する端末ごとにWebアクセスを可視化

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のサービスの詳細はこちらをご確認ください。

クラウド型Webフィルタリングサービス i-FILTER ブラウザー&クラウド
  • ※ Apple、iPhone、iPad、iPod touch、Safariの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※ iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • ※ iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

NISTが定義する「インシデントレスポンス」の4つのステップに則って、
マルウェア感染(の可能性)がある際の対処手順をご紹介します。

【インシデントレスポンス】4つのフェーズとそれを支援する具体的な仕組み ~これからのセキュリティ対策「インシデントレスポンス」をわかりやすく解説~
導入検討資料
「i-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

イベント・セミナー情報

i-FILTER
ブラウザー&クラウド
~教育機関ユーザー様・パートナー様必見~
多数の事例をご紹介!! 学習アプリの邪魔をせず、子どもの主体的学習を 支援する仕組みを「i-FILTER ブラウザー&クラウド」で作るには

2019年9月19日(木)
セキュリティ全般
知っていますか? それ、安全ではありません。
あなたの知らないインターネットの世界

2019年9月20日(金)
セキュリティ全般
DIS ICT EXPO
ダイワボウ情報システムがお届けするICT機器総合展示会・イベント

宮崎:2019年9月3日(火)
札幌:2019年9月10日(火)
金沢:2019年11月6日(水)
瀬戸内(山口):2019年11月19日(火)
関西:2020年1月29日(水)
名古屋:2020年2月14日(金)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く