導入事例

サツラク農業協同組合

サツラク農業協同組合
サツラク農業協同組合
http://www.satsuraku.or.jp/
1948年設立。
生産、処理、販売の一貫体制で製造している。 2009年 殺菌・濃縮ヨーグルトペースト「ピュアブラン」を発売するなど、新製品の開発にも意欲的。
  • 乳製品の生産、処理、販売
  • 社員数138名

北海道でもっとも古い酪農専門農協が手掛ける愛情のこもった製品づくり

札幌市東区に位置するサツラク農業協同組合(以下、サツラク農協)は、115年もの歴史を誇る、北海道でもっとも古い酪農専門農協です。札幌とその近郊には約100戸の組合員が牧場を経営しており、どの牧場も良質な牧草をつくり愛情を込めて牛を育てているため、質の高い牛乳を生み出し続けています。もちろん、牛乳を製造する工場も万全の体制。最新の設備による品質管理のもと、牛乳やプリン、ヨーグルト、バターなどの多彩な製品を出荷しています。また、2009年1月には、素材が純白な業務用殺菌・濃縮ヨーグルトペースト「ピュアブラン」を発売。特許申請中の独自の製法で、今までにないまったく新しいヨーグルト生まれの食品素材を世に送り出しました。伝統に裏打ちされた確かなノウハウと、最新の技術を取り入れる先進性。その両者が備わったサツラク農協の製品は、北海道だけでなく首都圏でも広く販売され、多くの消費者に支持されているそう。酪農や牛乳・乳製品への並々ならぬ思い入れとこだわりを持って、サツラク農協は今日も、質の高い製品を各地に届けています。

セキュリティ対策の総仕上げとしてWebフィルタリングソフトの導入を検討

総務部 電算課 課長 井上孝一さん。「安心してインターネットが使える枠組みを作りたい」と「i-FILTER」の導入を決意
総務部 電算課 課長
井上孝一さん
「安心してインターネット
が使える枠組みを作りたい」
と「i-FILTER」の導入を決意

サツラク農協がインターネットを導入したのは、2000年のことでした。導入後は商品の開発や営業調査などのため、主に管理部門でインターネットを活用していたそう。ところがほどなくしてコンピュータウイルスが問題になり、リスクを回避すべくウイルス対策ソフトを導入したといいます。「ウイルスに侵入されてからでは遅いので、インターネットの利用を開始した2000年のうちに、ウイルス対策ソフトを導入しました。しかし、この段階ではまだ、Webフィルタリングソフトの導入までは考えていませんでしたね。2005年に情報漏洩対策ソフトを入れ、迷惑メールのフィルタリングサービスを導入し、少しずつ、セキュリティ対策を強化していきました」こう話すのは、総務部電算課の井上孝一さん。「Webサイトの閲覧は、長い間、個人のモラルに任せていました。それで対応はできていたんですが、よりしっかりと、運用側からインターネット環境を守りたいと思い、2008年に、セキュリティ対策の総仕上げとしてWebフィルタリングソフトの導入を決めました」

多くのインターネットアクセスを管理するには「i-FILTER」の存在が欠かせない

巨大なミルクタンクが並ぶ本社工場。札幌とその近郊の組合員の牧場から、毎日、新鮮な牛乳が運ばれてくる
巨大なミルクタンクが並ぶ本社工場。
札幌とその近郊の組合員の牧場から、
毎日、新鮮な牛乳が運ばれてくる

コンテンツフィルターの導入を決めた同組合は、早速、「i-FILTER」をはじめとする様々なWebフィルタリングソフトの比較・検討に入りました。「他社の製品はかなり高価だったので、まずは手頃な価格だった『i-FILTER』のアプライアンス版、『NetSHAKER for i-FILTER』で導入テストを行ないました。そこでログを収集し実態調査を行なったところ、意外にも多くのインターネットアクセスがあることが判明したんです。『早急な対応が必要である』との結論に至り、『i-FILTER』の本格導入を決めました」(井上さん)
なお、「i-FILTER」に決めた一番のポイントは、「インターネットを通じて常に最新のWebフィルタリングデータベースが自動更新され、運用・保守管理などの操作性がすぐれている」ところだったそう。また、閲覧申請機能を活用すれば柔軟な対応ができる点も、関係職員から高く評価されました。

これまでFAXで行なっていた資材発注が、インターネットを通じてできるようになった!

総務部 電算課 係長齋藤雅宏さん。井上さんとともに「i-FILTER」の導入を推し進めました
総務部 電算課 係長
齋藤雅宏さん
井上さんとともに「i-FILTER」
の導入を推し進めました

「i-FILTER」を導入したことで、同組合のインターネット環境は劇的に変化しました。 業務と無関係のWebサイトをブロックすることでウイルス感染のリスクが激減し、情報漏洩の危険性も回避。また、総務部電算課の齋藤雅宏さんは、「いままでインターネットが使えなかった部署で、インターネットにアクセスできるようになったメリットは大きい」と、その功績を振り返ります。「これまで、工場の内部や出荷の現場など、管理職の人間がいない部署の場合は、インターネットを使わせないようにしていたんです。
しかし『i-FILTER』を導入したことで、業務に必要なWebサイトだけにアクセスさせることが可能になった。そのおかげで、今では工場のいたるところで、PCやインターネットが使われるようになったんですよ。資材の発注などの連絡や確認もすべてインターネットを通じて行なえるようになり、業務の効率が大幅にアップしました」(齋藤さん)「i-FILTER」を導入する前は、なんと、ほとんどの受発注業務をFAXで行なっていたのだそう。
セキュリティの強化だけでなく生産性のアップにも、「i-FILTER」が大いに役立っているとのことでした。

組合員や酪農家をつなぐ一大ネットワークを構築したい

本格運用を開始してから1年弱。最後に、「『i-FILTER』を約1年運用してみた感想」と、「今後、ネットワークをどのように業務に生かしたいと考えているか」の2点についてお聞きしました。「この1年間、まったくといっていいほどトラブルなく『i-FILTER』を運用しています。管理者として『いいな』と感じるのは、やはり表示とブロックの設定が細かくできるところですね。 他の製品の場合、例えばアダルトをブロックしてしまうと、牛の乳まで見られなくなってしまう(笑)。『i-FILTER』の場合は細かく設定が変えられるので、とても重宝しています」(齋藤さん)「『i-FILTER』の導入によって、セキュリティ対策はほぼ固まったと考えています。今後は原料検査の結果などがオンラインで確認できるようなシステムを構築したいですね。個々の農家さんと情報を共有し、よりよい製品作りを進めていきたいと思っています」(井上さん)

北海道産の原材料100%!新製法(特許申請中)で作られる「ピュアブラン」

「ピュアブラン」

サツラク農協が開発した日本初の食品素材、殺菌・濃縮ヨーグルトペースト、それが「ピュアブラン」です。特許申請中の新製法により、風味変化や離水を起さないよう製造。また、にごりのない純白の色合いで、フルーツなどの鮮やかさを引き立てる、美しい洋菓子類を作ることが可能です。なめらかなペースト状で水に溶けやすく、しかもカロリーはクリームチーズの半分という点も画期的。製菓だけでなく、スープなどの料理にもお使いいただけます。

  1. 導入事例のPDFをダウンロード

ダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

「i-FILTER」の導入事例

導入事例のトップページに戻る

…次の3件

導入検討資料
「i-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

導入事例

  • 千葉県庁 千葉県庁
  • 読売新聞東京本社 読売新聞東京本社
  • 東日本旅客鉄道株式会社 AGC旭硝子(旭硝子株式会社)
  • AGC旭硝子(旭硝子株式会社) 東日本旅客鉄道株式会社
  • オリックス・レンテック株式会社 オリックス・レンテック株式会社
  • 全日本空輸株式会社 全日本空輸株式会社
  • 霧島酒造株式会社 霧島酒造株式会社
  • 株式会社前川製作所 株式会社前川製作所
  • 株式会社セガ 株式会社セガ
  • NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社